とりめも

東京のおいしいインドカレーの店を教えて

感想

無理無理の無理な時は新幹線でいい加減に遠出しよう

嫌なことがあったとか仕事がつらいとか意地の悪い人がいるとかじゃないんだけど、なんか突然無理無理の無理って感じに気分がダメになった。 普段の無理無理の無理な時は家に引きこもっているんだけど、それはそれでしんどい。 今日は何もせず布団の中で虚空…

1個1600円のリンゴ「サンふじ」を食べた感想

1個1600円のリンゴを食べた。 サンふじ。 昨日、終業間際に会社の同期から「一個1600円のリンゴがあるんですが、一つ1500円で買いませんか?」とお誘いを受け、状況がよくわからないけど即答した*1。買った。 1個1600円のリンゴが3個入りで三越に売られてい…

平成最後の忘年会の年だから「忘平成会」をやった。

「平成最後の○○」今年飽きるほど聞いたフレーズではないだろうか。 平成最後の花火、平成最後の夏、平成最後のハロウィン…… とりあえず、「平成最後の」とつけておけば何でもかんでも許されそうな雰囲気があって良い。捻くれているので流行り言葉はあまり好…

「意識低い読書会」をやって3ヶ月目になった。

今週のお題「読書の秋」 らしいですね。タイミングが良い。(追記) 意識(の)低い読書会という読書会を月に1,2回くらいやり始めて、3ヶ月目になる。 これが案外良くて、この間第5回目が開かれたらしい(私は参加していない)。 5回も続いたことが嬉しいし、身内…

俺の好きな倫理観のない恋愛小説を読んでくれ

「倫理観のない恋愛小説が好きです。」 会社の自己紹介で口を滑らせた。 「魯迅は倫理観がない恋愛(個人的見解)をしているから好きです。」 大学院での飲み会で口を滑らせた。 倫理観のない〇〇 という表現をよく使ってしまう。大体、好きな文学や物語を指…

少年アシベ30周年記念展~青少年アシベのつくりかた~ 行ってきた

2018年4月21日。 ツイッターを見ると多くの人が「Webメディアびっくりセール」についてつぶやいていたのですが、私は「少年アシベ30周年記念展~青少年アシベのつくりかた~」 に行ってきました。 本当は二つハシゴしたかったのですが、明るい時間に確定拠…

初めてお花見をした

初めてお花見をしました。 【満員御礼!】3/31(土)20時からは誰でも参加の『大編集会議』!!!語って飲んで考えて、一緒に読者にぶっ刺そう - DON'CRY -ドンクライ- ドンクライの大編集会議というイベントがありました。 イベントについてはわたしからは…

デタラメに作った割にいい感じのトマト煮のメモ

デタラメに作った割にうまかったので忘れたら困る。メモ。 ①玉ねぎを適当に小さく切ってバターで炒める。バターを使うと料理っぽいから。 ②茶色になるまで炒める。玉ねぎを色が変わるまで炒めると本格料理っぽいから。 ③鶏肉にオリーブオイル、粗挽き胡椒、…

引っ越しを3度して学んだコツ。節約、単身パック、回収業者、ブックオフの買取サービス……

3/15に千葉から東京へ引っ越しました。今回は、大学院から就職という運びで引っ越すことになったのですが、これまでにも2度(大学進学、大学院進学)で引っ越しをしています。 私の6年の学生生活は引っ越しだらけなのです。 ところで、引っ越しって憂鬱になり…

少し掻いたらミミズ腫れ「皮膚描記症」ぽいので、抗ヒスタミン軟膏を塗った

皮膚描記症って知ってますか?わたしも正式に病院にかかったわけではないのですが、明らかにそれっぽい症状をもっています。これが乾燥する冬は辛い。 これは、皮膚が過敏になりすぎているらしくて、刺激を与えるとミミズ腫れになってしまう症状です。だいた…

ご飯のメモ③ 餅(きなことあんこ)

材料 餅 3個 ねりあん 好きなだけ きなこ 好きなだけ 作り方 餅をオーブントースターで焼く 焼いた餅を水にくぐらせる 好きなだけきなこをかける(まぶすんじゃなくて、かける) ねりあんを添える 感想 良いところ 幸福しかない。 バカの味。ほぼうぐいす餅。…

クソダセェ喪女がケーキ屋でバイトをしていた話

学生時代に半年ちょっとケーキ屋でバイトをしていたことがあります。学部1年で、一番年下でした。 そのとき住んでいた京都の最低賃金のお給料でしたが、バイトの面接を10箇所くらいお祈りされ続けていた自分は選り好みする身分でもなく、「ありがたやありが…

元バイト先が変だった

数年前、関西にいた時、ある学習塾でバイトをしていました。チェーンではなく、個人塾で、独自のルールがものすごく多い塾でした。 40代後半くらいの塾長が全実権を握っており、機嫌が悪いと大変。忘れ物した生徒を怒鳴り泣かせる(中2の男の子が泣いてた)こ…

美容室に行く前にわざわざ髪の毛を洗わなくていい説

美容室。私にとっては年に数回のビッグイベントだ。 美容師にぼんやりした注文を伝えて、裸眼だとよく見えない自分の姿をぼんやり眺める。 たったそれだけなのに、なんだか億劫で、1年以上いけなかったこともある。 だいたい「ばっさり切っちゃってください…

本の感想 『ブラック部活動』、『異邦人』

立て込んでて全然読めてないのですが、ざっくりメモ。 内田良『ブラック部活動』 親類や身近な友人に教員がいないけど、教職目指してるって方は読んで損はないと思います。 経験上の話になりますが、教職を真面目に履修してる方の中に、教員を聖職だと思い込…