とりめも

東京のおいしいインドカレーの店を教えて

給食のうずらの卵に泣かされた思い出

今でこそマシだが、中学生くらいまで偏食の多い子どもだった。特に幼いころはこだわりが強すぎる故に食べられないものが多かった。幼稚園に入るくらいの時期だと、豆腐やうどん、つくね、あんパン、白ご飯、ヨーグルトくらいしか食べれなかったんじゃないだろうか。

 

とにかくシンプルな食べ物が好きだった。

 

例えばあんパンは、あんことパンだけだから嬉しい。なので、そこにくるみが入ると一気に食欲がなくなる。余計なことをするなって思っていた。あと、パンは好きだけど、サンドイッチは具材が多いからとりわけ苦手だった。

 

また、ニオイのきつい魚介は一切ダメ。加工してあるかまぼこや竹輪も吐き気がするので苦手であった。

 

小学校に入ると給食は恐ろしい存在となった。

 

年齢を重ねるにつれ、偏食は改善されるのだが、それはもっと後の話である。

 

小学校の時は本当に給食の時間が苦痛であった。給食独特のメニューが受け入れられないのだ。

 

カチカチで冷たくて臭い目玉焼き、茹でただけのキャベツ、しょっちゅう味を変えて出てくるモヤシ、色々なものが入ったスープ、大鍋でソースを吸ってブヨブヨなナポリタン、パサパサでまずいコッペパン、歯が痛くなるほど冷たい冷凍パイン。

 

どれもわざとまずくしているようで意地悪に思えて嫌いだった。頑固な偏食に苦労させられた母親は「給食が食べれなかったら、家でおいしいお菓子と夕飯を食べればいい。学校でわざわざ無理に食べなくてもいい。」と言っていたので、白ご飯と牛乳だけ食べて帰宅する日もあった。

 

余談だが、当時、アンネフランクの伝記を読んでおり、そこには、「収容所の食事が不味すぎるけど、アンネは生きるためにスープをおかわりした」といったようなエピソードが書かれていた。偏食な私にとってアンネの勇姿は強烈に印象にのこるもので、彼女が偉人上のスーパースターであった。そのせいで、収容所でのアンネの話はろくに覚えていないし、アンネの日記も忘れちゃった。

 

さて、小学校2年生のとき、給食が本格的に嫌いになる出来事があった。無駄に詳細に覚えているので書いておきたい。

 

我が2年3組には給食にルールがあった。それは、「2品以上残す人はデザートを食べられません」といったものであった。

 

甘いものは好きだった私にとって、デザートは数少ない食べられる品目であった。それ故、このルールには苦しめられていた。

 

例えば、

ナポリタン、コッペパン、ボイルキャベツ、竹輪の揚げ物、牛乳、ゼリー

というメニューの場合、うちの給食ではナポリタンにエビや貝が入っていたのでナポリタンは麺しか食べられない。つまり、お残しの対象となる。

 

そして、まあ、コッペパンとキャベツは渋々食べるにしても、竹輪の揚げ物も吐き気をもよおす魚介なので確実に食べられない(給食中に吐きたくない)。すると、魚介メニューが2品あることにより、ゼリーは食べられなくなってしまう。

 

こんなことがよくあったので、給食でデザートが出て喜んでいる子を見ても「わたしは食べれないかもしれないしなあ」と思うと、まるで共感できなかった。

 

その日の給食は、詳しくは覚えていないが、中華スープとプリンがあった。私にとって中華スープは食べれない品目だった。スープは飲みきってしまえばいいし、具材のうち野菜は食べれるのだが、うずらの卵がどうしてもダメだった。歯を入れるとブチュっと粘度の高い卵黄が出てくるのが苦手だった。しかも、小さいくせに味が濃い。そして、くさみが強い。

 

あと、もう一つなんか苦手なものがあった。たしか、いろんな具材が巻き込んであるオムレツだったと思う。卵料理であった。

 

そんなわけで、プリンは食べれない品目となってしまうことが「いただきます」の前から確定していた。まあ、「プリンくらいうちの冷蔵庫に入ってるし……」と諦め、食事を進めていると目の前のエリカ(仮名)ちゃんが私と同じく2品残しているのにプリンを食べている。

 

エリカちゃんは当たり前のように食べている。お残し1品ルールを守っていたのは私だけだったのかもしれない。よく考えると、給食費はうちの家庭から払っているのに、食べていいものを先生が制限するなんておかしい。好きなものを食べて帰ればいいだけの話じゃないか。

 

そうかそうか、そうだよな。私もエリカちゃんの真似をして給食の半分凍ったプリンを堂々と食べよう。そうするべきだ。この時は謎の義務感に支配されていた。過激な政治運動する人ってこんな気持ちなのかな。

 

なんてことをヒラメキ、開き直って、他の子と同じようにプリンを食べ、班の子と談笑にふけっていると、先生がツカツカツカとやってきた。今思うと、「よく見てるな」って話なんだが、とにかく私のやったことはダメだと告げられた。

 

私「えっ、だってエリカちゃんだって……」

 

と反論してみると、

エリカ「だって卵アレルギーだから」

私「プリンも卵使ってるんじゃ……」

エリカ「プリンはだいじょうぶなの」

先生「だってさ」

 

というわけで、休み時間にまで給食を食べ切れと言い渡された。おい、エリカ。そりゃないぜ。今だと、色々反抗できそうだが、小学校2年生にとっては「先生の命令は絶対」であったから、受け入れるしかなかった。

 

昼休みに食事をしているのは私だけではなく、同じ班の女の子も1人いた。おそらく、その子もエリカちゃんに勇気づけられて罠にハマったのだろう。

 

休み時間に冷めてまずい中華スープを啜るのが、物悲しい。アンネもこんな屈辱的な気持ちだったのだろうか。次第に、どうしても食べられないうずらの卵と対峙せねばならぬ時が近づいてくるのを感じる。スープは飲み干して、うずらの卵だけが器に残るも、どうしても手をつけられない。

 

他の好きな品目は食べているため、味の誤魔化しが効かない。無理だ。本当に吐いてしまうかもしれない。ピングーの1話みたいに一旦口の中にいれて先生の目をやり過ごしてトイレで吐き出すことも考えたが、卵が3個くらいあるので難しそうだ。

 

結局、箸を動かすことができず、おし黙ってスープ皿をじっと見つめることしかできなかった。先生は黙って後ろで監視しているし、早く箸を動かせと言いたげだ。

 

なんで、うちが金払ってるのに嫌々食べなきゃならないんだ。幼稚園の時にも豚汁や園内の畑のトマトを自分だけ食べれなくて、みんなの帰った教室に居残りさせられたことがあった。どうして要らないのに食べなきゃならないんだろうか。

 

たかがプリンを食べたから、それも自分の親が購入してるプリンを食べただけで、こんな罰を受ける必要ってあるのだろうか。エリカちゃんだけが許されるってわかってたら、プリンくらい何も学校でわざわざ食べずに残したのに。

 

家に帰ったら好きなだけプリンなんか食えるのに、学校で食べてしまい叱られるのがバカバカしくて仕方がない。でも、私は、今まさにプリンのことで罰を受けている。そこまでして食べたいものでもなかったのに、我慢できずに食べた卑しい子のような扱いを受けている。

 

下を向きながらそんなことを延々と考えてると、情けなくて涙が止まらなくなった。

 

さすがに泣き出すと先生も困惑して「次からはやっちゃダメだよ。給食室に食器を返して謝っておいで」なんて言いながら解放してくれた。何度でも言うが、泣いてやっと許しを得るほどのことをしたのだろうか。

 

もう1人の子は頑張って格闘していた。偉いなあ。

 

「まずくて食べれなくてプリン食べたら怒られて食器返すのが遅くなり、手間をかけてごめんなさい」を給食のおばちゃんにどう伝えようか考えながら、とぼとぼと歩く給食室までの道は長かった。

 

そもそも担任の指導のせいで給食室に迷惑をかけている部分もあるのに、どうしてわたしが全ての迷惑を代表して謝らなきゃならないんだ。と思いつつも、小心者なので、スープの器をどこかに捨ててしまうこともできなかった。

 

ビクビクしながら給食室に入ると、おばさんたちは休憩室で昼のワイドショーをゲラゲラ笑いながら見ていた。謝る前に「はいはい、わかりましたよ」と食器を快く引き受けてくれた。先生にとっては給食を残すのが重大な悪さなのかもしれないが、おばさんにとっては何でもなさそうだった。話がわかるおばさんでよかったが、拍子抜けした。

 

一件落着したものの、「うちで金を出してるのにどうして好きなものを食べてはいけないの?」という思いが抜けないまま大人になってしまった。

 

真面目なことを言うと、自分でメニューを選べない給食では、偏食児童にとってはデザートも貴重な栄養源だと思うし、制限を付ける必要性がわからない。本音を言うと、「誰にも迷惑かけてないのにやかましいなあ」ってところだが。

 

今振り返ると、食育の観点から考えて当時の先生の指導は危険(給食自体が嫌になるから)なんじゃないかなーと感じる。本当に、大学院で非常勤講師をやるまで給食を憎んでいたし。でも、17年くらい前のことで食育の概念がそこまで普及していなかったから仕方ないのかな。

 

この指導によって「次は食べきってやる!」って思いはまるで育たなかったし、本当にただ理不尽に嫌な事をされた気持ちでしかなかった。「食べ物を残すのはやめよう」よりは「先生の決めたルールは何が何でも守ろう」といった意識だけは醸成されたが、食育の観点では何の効果もなかったと思う。

 

でも、よく先生も私の食べ進め具合まで見ているなあとそこは素直に感心する。わたしなら見逃してしまう。小学校の先生ってすごいね。

 

また、今年一年非常勤講師で、たびたび給食を食べることとなったのだが、その時は食事の時間も長いし見栄もあり、概ね完食できた。私の味覚は齢24にしてようやく社会に適応しつつあるようでよかった。

 

でも、今日の夕飯のうずらの卵だけは、どうしても口に運べなかった。もう、トラウマになってんじゃんね。一生食べられないのかなあ。嫌だなあ。

 

f:id:chidorimemo:20180317034618j:image