とりめも

東京のおいしいインドカレーの店を教えて

少年アシベ30周年記念展~青少年アシベのつくりかた~ 行ってきた

2018年4月21日。

ツイッターを見ると多くの人が「Webメディアびっくりセール」についてつぶやいていたのですが、私は少年アシベ30周年記念展~青少年アシベのつくりかた~」 に行ってきました。

 

f:id:chidorimemo:20180422011046j:image

f:id:chidorimemo:20180422010944j:image

 

本当は二つハシゴしたかったのですが、明るい時間に確定拠出年金の書類を受け取る予定があったので仕方ないですね。

 

アシベの展示は夜までやってたのでゆっくり見ることができました!で、この展示が最高だったんですよ!グッズも良かった……!

 

なんのイベント?

少年アシベという作品のイベントです。なんと、今年で30周年!

 

どんなお話かというと……

 

「アシベという小学校低学年の男の子がトラックから落ちてきた(!)アザラシ(ゴマちゃん)を拾って飼う日常」といった感じのメチャクチャなお話です。基本的には「ゴマちゃんが可愛い」と覚えとけば間違い無いです。

 

f:id:chidorimemo:20180422002024j:image

(↑会場にいたアシベとゴマちゃんを再掲)

 

で、この「少年アシベ」、もとはマンガの作品なのですが、1990年代の頭くらいにアニメ化されました。私はこの時のアニメをスカパーで見て、少年アシベを知りました。

 

そして、最近またアニメの新シリーズが始まったんですよ。「少年アシベ GO! GO! ゴマちゃん」というシリーズなのですが2016年に始まり、2018年は第3シリーズをやるようです。そんな感じで、3年連続でシリーズが続いています。

 

新シリーズのアニメでこれはなかなかないですよね。

 

というわけで、

 

今回のブログの内容は「とにかく最高な作品の展示だったので書かせてくれ」って感じの雑記です。

 

少年アシベとは

 少年アシベという単語が展示のタイトルに含まれています。なんなんだ?ってなりますよね。

 

 

 

 (↑売れてるらしいですよ!最近出たばっかり!)

これは、小学校低学年だったアシベが高校生になった世界での話です。「少年アシベ」の生みの親の森下裕美さんは原作を担当。そして、絵は、森下先生ご指名の笑平先生が担当しています。

 

f:id:chidorimemo:20180422010518j:image

 

展示のイラストです。この作品、キャラがドタバタしていて可愛いですよ!アシベ君は茶髪のお兄ちゃんになっています。

 

専門用語を使うと尊い話です。是非読んでください……!

 

会場

細かいことは書きませんが、原画などがとにかくたくさんありました。写真オッケーなので、あちこちで記念撮影が行われていました。

あと、他のお客さんのカバンやスマホにゴマちゃんがぶら下がっているのをたくさん見かけました。愛を感じました。

 

f:id:chidorimemo:20180422010034j:image

f:id:chidorimemo:20180422010057j:image

f:id:chidorimemo:20180422010231j:image

↑高校生のアシベ君は服を脱いじゃいます。

f:id:chidorimemo:20180422010113j:image

f:id:chidorimemo:20180422010122j:image

 

 

グッズ

f:id:chidorimemo:20180422010637j:image

缶バッヂのガチャガチャがあったよ。

f:id:chidorimemo:20180422010612j:image

ダブっても可愛い!

 

ゴマちゃんがいっぱいで嬉しいです。

 

あとは、キャンディ、クリアファイル、バッグ、キーホルダー、栞などもありました。栞も買っちゃいました。

 

こんな感じの展示でした!!!

 

4/21で会期が最後なのが悲しいです!またやってほしいです!

 

あと、作家さんへのメッセージコーナーてゴマちゃんの絵を描いたらブサイクになりました。

f:id:chidorimemo:20180422010852j:image

 

ではでは。