とりめも

東京のおいしいインドカレーの店を教えて

6年くらい前の京都の声かけの話

2017年3月15日の記事を下書き保存してたのを2019年に公開にしました

前書き

知らない人との危険だったやりとりを、忘れてしまわぬようにと書いてたのですが、外出するのが嫌になりそうなので、わりと愉快だったやりとり(たぶんナンパかキャッチか勧誘)も書きます。

全部1人で歩いてた時、京都の大学生だったときの話です。

 

通せん坊

道を歩いてたら、両手をバッと広げたムササビみたいな男が横から登場した。通行を邪魔してくる。眼の前では細身な男が両手を広げている。

私「どうかしましたか?私が何かしたというのですか」

男「ちょっとこの後お時間……」

登場の割には普通なセリフだった。適当にバスの時間が迫ってることにしたが、歩くのを阻止されたのは初めてだったので、話しながら笑っちゃった。

 

都道府県ラリー

夜。帰宅しようと市バスを探してたら、髪を明るい茶色だったか金だったかに染めたチャラそうなお兄さんに話しかけられた。手には飲みかけのオランジーナ。市内の大学生で物理を専攻してるようだ。

 

お兄さん「お姉さん出身どこですか!!」

私「北海道ですけど、なんでしょう」

お兄さん「いま、道行く全国の人と繋がる企画をしていて、北海道は初めてです!!ライン交換しましょう!」

私「その企画はどこの都道府県が埋まってるんですか」

お兄さん「えっと、福岡とか鹿児島とかばっかりでー」

 

なぜ、京都で企画をしていて、九州の出身者ばかりになるのか。適当なこと言ってるんだろうけど面白かった。是非、全国のライン友達を作って色んな意味で繋がってほしい。ちょっと応援しちゃった。それとも、なんかの勧誘かな。

 

罰ゲーム

季節はバレンタイン間近。京都ロフトで自分用のチョコレートを探していた。渡す人もいないので自分用。私が在学してたときの京都ロフトでは、その季節になると毎年六花亭のバターサンドを取り扱っていた(豆知識!)のでそれを探しに来たのもある。

用事があったので何も購入せず店を出ると、肩を叩かれた。中年の男性だ。

 

おじさん「あなた、そこのロフトでチョコ見てましたよね?」

私「はい、そうですけども」

おじさん「ちょっと友人とのジャンケンで負けた罰ゲームで女性に声かけてこいって言われて。」

私「それで、私はどうすりゃいいんですか」

おじさん「えっ……。失礼します」

 

本当にどうすりゃいいのかわからんくて聞いちゃった。困惑してた。ぱっと見身持ちの良さそうなおじさんだからこそ、童心溢れるわけのわからない罰ゲームってセリフが面白かった。でも、言われた方は「だからって、どうしたらええんや」ってこちらも困惑しますね。こういうのはなんで返すのがベストなんでしょう。

 

反対方向

明朝。朝5時。当時所属していたサークルの先輩の家で、明け方までお喋りが白熱したあとの帰り。平野神社の前で、自転車に乗っている男性に話しかけられた。

おじさん「金閣寺に行きたいのですが」

私「金閣寺は反対方向ですよ。反対方向にまっすぐ進めば案内が出てくるので曲がってください」

おじさん「いや、ちょっと平野神社で話しましょう。」

その必要はないとやんわり伝えるも、頑なにおじさんは平野神社での話し合いを推してくる。本当に道がわからないのかもしれないが、もう許してほしい。しかも、明朝5時に金閣寺があいているわけがない、なんなんだ。

うーんどうしようかな、帰りたいな。

 

私「ごめんなさーい!家で大好きな彼氏が待ってるんデスゥ!!!急いデェ帰らなきゃぁ!」

 

大嘘ついた。

 

明朝5時に待ってる人なんかいない。

心が痛い!!でも、おじさんは解放してくれた。すごい!

何事もなく帰宅できたけど、すぐ不貞寝した。

 

まとめ

  • たまには面白い人もいます
  • でも勧誘とかかもしれないし気をつけてね

 

そのほかの不審者や知らん人の話

家までついてきた不審者の話 - とりめも

夜行バスで酔っ払いに叩かれて泣かされた話 - とりめも