とりめも

東京のおいしいインドカレーの店を教えて

引越しをした(4度目)

先週、お引越しをしました。東京⇨千葉への移動です。

2度とやりたくねえ、というのが素直な感想です。毎回の引越しのたびに思うのですが。

今回が4度目の引越しなのですが、過去の引っ越し履歴は以下の通り。*1

①北海道⇨京都(2012年/大学進学)

②京都⇨千葉(2016年/大学院進学)

③千葉⇨東京(2018年/就職)

④東京⇨千葉(2020年/社員寮の契約更新のタイミングで)

 

個人的には、④,②,③,①の順でしんどかったです。今回に関しては、慣れはあるのですが、圧倒的に自分でやる手続きが多いので…。

①は親が家探しや家電探しを手伝ってくれたし、実家からの引っ越しなので最低限の荷物を郵送するだけで済むため、かなりラクだった。

③のときは会社が引越し業者も家も決めてくれたし、ガスや電気のライフラインの連絡先も教えてくれてた。部屋を片付けて転出届と転入届をどうにかするだけだった。

今回は当然そこらへんは自分でやらなきゃならない。キッツイ。

 

やったこと

だいたい12月の末に動き始めて、2月の頭に引っ越した。スケジュールはこんな感じ。

  • 12/25:東京の賃貸を話聞きに行く。クソ高い。
  • 年末年始:諦めて帰省する。賃貸のサイトを適当に見て、気になる物件をポチポチ連絡する
  • 1/8:千葉の賃貸を見に行く。安いし広いし綺麗じゃん。通勤できるし決める。
  • 1/9〜1/31くらい:引っ越し業者、ガス電気水道とWi-Fiの解約・新規登録、粗大ゴミの登録、新居の初期費用を振り込む、ウォーターサーバーの宣伝を3件くらい断る などを暇な時にこなす
  • 2/3:1/31に届く予定だった段ボールが届かなくて不安なので問い合わせる。何軒か事務所をたらい回しにされた挙句、間違えて違う家に届けられてたと言われる。シンプルにつらい。
  • 2/3〜2/7:会社が終わると部屋を片付ける日々。捨てるかどうか迷うものは思考停止して全て捨てる。
  • 2/8:無事に引っ越し。ガス電気水道は開通済み
  • 2/9:Wi-Fi開通、荷ほどき終わり、必要なものの買い出しも終わり

よかったこと

人の目が気にならない

前は会社の人が近くにたくさん住んでいる地域にいたのですが、たまにコンビニとかで知ってる人に会うのが嫌でした。

あとは、ゴミの中身も見られてるのかなって気になったり。

全て気にしすぎの自意識過剰なんでしょうけどね。誰かが嫌いとかは全くないのですが、単純に人の目が気になるんですよね

大学の学食とかで同じゼミの知り合いに会うと気まずい、みたいな経験ありませんか?アレです。ゼミで会うなら平気なのに、的な。あと、相手もプライベートで仕事の人に会うの嫌だろうしなあ、とか考えちゃう。

今回は結果的に知り合いがたくさん住んでるエリアからはぐんと離れた地域なので、そこらへんの問題は自然に消えました。

仕事とは関係なく、仲良くしてくださるお友達の方が数人住んでらっしゃるくらいの知り合い率なので、めっちゃラク。むしろ、不意に出会っても普通に話せる感じ。嬉しい。

自炊を始めた

家からコンビニが遠いんですよね。気軽に行けない。

それなら、家に食べ物や飲み物が何かしらある環境にした方が良さそうってことで、自炊をすることに。カップ麺とかを大量に買うってのもアリなんですが、たくさん食べるとおいしくなくなるし。

正直怠いな〜って思ってたんですが、何かを作るのは楽しいですね。あと、料理が全くできないわけではないので、コンビニよりうまくて健康なものが安価で食べれるのは嬉しい

f:id:chidorimemo:20200217030952j:imagef:id:chidorimemo:20200217031004j:image

凝ったものは作ってないけど、1品でもなんか作ると人間生活ができてるような自己肯定感がわく。

辛かったこと、大変だったこと

各所との連絡

とにかく多いし、まだ転入届を出せていない。あと、ガス電気水道からなんか手紙が来てる。

やることが多すぎるんよ。会社員で業務のディレクションやりながら、自分の生活のディレクションをやっていくのはなかなかしんどい。

しかも、今回は、

引っ越し会社のミスで引越し日ギリギリまで家にダンボールが届かない&引越しの週の業務が入社以来初かってくらい忙しい

と不運が重なって、リアルに連日胃痛に襲われていた。

ダンボールが届かなくて引越しの片付けと荷造りが二度手間になるのを憂いて、ゴミまみれの部屋で「私が何をしたんや…」とさめざめと涙した日もあった。客観的に見ると非常にバカらしいのだけど、それくらい追い詰められていたのも事実。いやあ、良くない。それでも、手と頭を動かさないと終わらない。

なんか、引越し諸々の面倒な手続きの大部分を代行してくれるサービスとかないんですかね。私のようなマルチタスク苦手パーソンは発狂しますよ、あの作業。金払うからやってほしい。

家探し

東京で不自由ない暮らしをしようとするとお高いんですね!!!!

千葉だと月5〜7万程度の物件(必須は風呂トイレ別・汚くない、可能なら独立洗面台と築浅)が、東京だと地域によっては10万〜11万程度なのが当然なんですね。しかも設備や築年の条件が千葉より悪かったりする。

自分の会社は、都内のオフィスからある程度近い距離のエリアに住むのだと家賃補助が出る(そうじゃない場合は交通費が出る)のですが、それでも千葉の方が条件が良かったです(通勤時間や交通の利便性を条件から外すなら)。

あと、物件そのものがお高いので、初期費用も高くなっちゃう。

月8万くらいの物件を希望しているのに話の流れで月10万の物件を薦められて、出された見積もりは初期費用35〜50万と言われた。それに引越代とかあれこれ加わる。

ちなみに千葉だと、価格がもっと安く、部屋の条件が同じかそれ以上の物件を複数紹介され、初期費用14〜25万が平均相場だと説明された。

どれも「東京だから」仕方ないのはわかるし、みんな払ってるわけなのだが、ボーナスの大半が乗り気でもない引っ越しに消えるのは受け入れ難い。*2

「ワイは引っ越しするために働いてるんじゃないんやぞ!」という気持ちもわくし、わりと勤務時間が遅めのスタートなのでそこまでして職場の近くに住まなくてもなあ……とも。

あと、「安く東京に住めるのだから風呂トイレ一緒でええやん」というのも意見としてわかるのだが、仕事で疲弊して帰宅した家で不自由を感じるのも嫌だという個人的な譲れないワガママがある。家が好きなので。

それに、契約更新まで格安で住まわせてもらってた社員寮はあれこれ完備されてる部屋だったので、完全にそれに甘やかされていた。自腹でウン十万払って引っ越して、わざわざ不便な家に住む決断ができなかった。

とにかく、東京に対してやり場のない憤りを感じてしまう日々だった。

やっておいて良かったこと

やることリストを作る

手続きが多くて頭の中じゃ処理できないので、なんらかの形で可視化できるようにすると良さそう。1個クリアできたら自分を褒めよう。

f:id:chidorimemo:20200217033739j:image

通話しながらゴミ捨て

これ、同時期に引っ越す少年Bさん(id:raira21)と通話しながらゴミ捨てをしたら捗った。2時間くらいでゴミ袋が5〜6個パンパンになった。思考停止で捨てているだけでもあるが、1人でダラダラやる時よりは高速であった。

長年同じ部屋に住んでいて、なかなかものが捨てられない少年Bさん宅からは「うわ〜!○年前におばあちゃんが送ってきたトレーナーが出てきた!」などの発掘情報が頻繁に発信され、歴史の深さを感じた。

掃除は1人でやると基本的にはつまらないので、配信したり通話したりすると気晴らしになると思います。

粗大ゴミの手続きは早めに

うちの区域だけかもしれないけど、経験上早めに手続きした方が良い。

今回の引越しでは、連絡からゴミを運んでくれるのが約半月後だった。多めに申請して後から減らすとかもできなくはないと思うので(良くはない)、とりあえず申請しよう。

※各地域のルールを調べてください

カビキラーとマジックリンは神

退去の際に立ち合いがあるので、目立つ汚れは落とさなきゃならないのだが上の二つが役にたった。

カビキラーは風呂の床に染みたヘアカラー剤の茶色を消し去ってくれた。汚れに噴射して10分くらいつけ置きしてスポンジで擦ってシャワーで流すのを繰り返すと、信じられないくらい剥がれる。ただ、材質によっては白くなりすぎちゃうらしいので、最初は控えめに試してみてください。

あと、コンロ周りのネチョネチョした油汚れはマジックリンを汚れに噴射してキッチンペーパーで拭くのを繰り返すと綺麗になった。快適。こちらも、最初は控えめに試してみてください。

どれもネットで見た知識をそのまま試してみたのだが、先人の知恵は素晴らしいですね。

おわりに

引っ越しはしんどい。怠い。生産性がないのに手間と金がかかる。できれば、しばらくはやりたくない。それらが素直な感想である。

引っ越し、誰にでも一定のしんどさはのしかかってきそうなので、少しでも楽に取り組めるように工夫すると良さそうですね。

いろんな人の引っ越しを楽にするハックとか募集すれば良かったなあ。

引っ越しを3度して学んだコツ。節約、単身パック、回収業者、ブックオフの買取サービス…… - とりめも

前回の引越しの時のまとめも出てきた。この時にも憂鬱になっていてウケる。ちなみに、ここで紹介しているのと同様のヤマトの単身パックはもうサービス終了しているっぽかった。

あと、この記事でも書かれている通り、前回の引っ越しでは、荷物の運び出し直前にゴミ袋を溜め込んで途方に暮れて早朝に業者に依頼をして2万円も浪費している。決して賢くはないし、痛い出費であった。ラクはできたけども。

だが、今回の引越しは、その悲劇を繰り返さないように、とにかく早くできるところから掃除に手をつけるようにした。結果、無理なく小まめにゴミを捨てることができた。

人は反省から学ぶのだなあ。

*1:厳密には北海道にいるときの5歳時点で教員用アパートから一軒家に引っ越しているのですが、特に自分は何もしていないので省いています

*2:社員寮から引っ越さない選択肢もあるのだが、名義が会社から自分に変わるので諸費用が発生し、家賃補助の種類が切り替わるため月の家賃が増加する。長期的に考えると、引っ越した方が安く済む