とりめも

東京のおいしいインドカレーの店を教えて

少年アシベ30周年記念展~青少年アシベのつくりかた~ 行ってきた

2018年4月21日。

ツイッターを見ると多くの人が「Webメディアびっくりセール」についてつぶやいていたのですが、私は少年アシベ30周年記念展~青少年アシベのつくりかた~」 に行ってきました。

 

f:id:chidorimemo:20180422011046j:image

f:id:chidorimemo:20180422010944j:image

 

本当は二つハシゴしたかったのですが、明るい時間に確定拠出年金の書類を受け取る予定があったので仕方ないですね。

 

アシベの展示は夜までやってたのでゆっくり見ることができました!で、この展示が最高だったんですよ!グッズも良かった……!

 

なんのイベント?

少年アシベという作品のイベントです。なんと、今年で30周年!

 

どんなお話かというと……

 

「アシベという小学校低学年の男の子がトラックから落ちてきた(!)アザラシ(ゴマちゃん)を拾って飼う日常」といった感じのメチャクチャなお話です。基本的には「ゴマちゃんが可愛い」と覚えとけば間違い無いです。

 

f:id:chidorimemo:20180422002024j:image

(↑会場にいたアシベとゴマちゃんを再掲)

 

で、この「少年アシベ」、もとはマンガの作品なのですが、1990年代の頭くらいにアニメ化されました。私はこの時のアニメをスカパーで見て、少年アシベを知りました。

 

そして、最近またアニメの新シリーズが始まったんですよ。「少年アシベ GO! GO! ゴマちゃん」というシリーズなのですが2016年に始まり、2018年は第3シリーズをやるようです。そんな感じで、3年連続でシリーズが続いています。

 

新シリーズのアニメでこれはなかなかないですよね。

 

というわけで、

 

今回のブログの内容は「とにかく最高な作品の展示だったので書かせてくれ」って感じの雑記です。

 

少年アシベとは

 少年アシベという単語が展示のタイトルに含まれています。なんなんだ?ってなりますよね。

 

 

 

 (↑売れてるらしいですよ!最近出たばっかり!)

これは、小学校低学年だったアシベが高校生になった世界での話です。「少年アシベ」の生みの親の森下裕美さんは原作を担当。そして、絵は、森下先生ご指名の笑平先生が担当しています。

 

f:id:chidorimemo:20180422010518j:image

 

展示のイラストです。この作品、キャラがドタバタしていて可愛いですよ!アシベ君は茶髪のお兄ちゃんになっています。

 

専門用語を使うと尊い話です。是非読んでください……!

 

会場

細かいことは書きませんが、原画などがとにかくたくさんありました。写真オッケーなので、あちこちで記念撮影が行われていました。

あと、他のお客さんのカバンやスマホにゴマちゃんがぶら下がっているのをたくさん見かけました。愛を感じました。

 

f:id:chidorimemo:20180422010034j:image

f:id:chidorimemo:20180422010057j:image

f:id:chidorimemo:20180422010231j:image

↑高校生のアシベ君は服を脱いじゃいます。

f:id:chidorimemo:20180422010113j:image

f:id:chidorimemo:20180422010122j:image

 

 

グッズ

f:id:chidorimemo:20180422010637j:image

缶バッヂのガチャガチャがあったよ。

f:id:chidorimemo:20180422010612j:image

ダブっても可愛い!

 

ゴマちゃんがいっぱいで嬉しいです。

 

あとは、キャンディ、クリアファイル、バッグ、キーホルダー、栞などもありました。栞も買っちゃいました。

 

こんな感じの展示でした!!!

 

4/21で会期が最後なのが悲しいです!またやってほしいです!

 

あと、作家さんへのメッセージコーナーてゴマちゃんの絵を描いたらブサイクになりました。

f:id:chidorimemo:20180422010852j:image

 

ではでは。

 

桜あんぱん(?)コレクション2018

今年も皆さんお待ちかねの桜あんぱんの季節がやってきました。パン屋のパンはうまいけど高いので滅多に買わないのですが、この季節だけは別です。なぜなら多くのパン屋で期間限定の桜あんぱんを出しているから。

普通のアンパンが桜餡によっていい匂いになります。すこし酸っぱい桜の花も楽しみですよね。

今年はただ消費するだけじゃなく、紹介もしていきたいです。食べたら更新していきます。

 

神戸屋(3/24)

通りかかった月島駅にて。

f:id:chidorimemo:20180325004313j:image

f:id:chidorimemo:20180325004315j:image

まん丸のパンの真ん中に桜の塩漬け、そして、こしあんの桜餡が入っています。桜の葉が餡に練りこまれています。割るとホロホロと落ちてきました。口どけなめらかで、濃すぎない味でした。あんこの量は景気良く多めに入っていて、満足です。

 

 

ヤマザキ 薄皮桜あんぱん(3/24)

画像がないのですが、5つ小さいパンが入ってる、スーパーでよく見るシリーズのあれです。あれに、春だけは桜あんぱんが出るのです。パン屋以外でも食べられるんです!

見かけがピンクで可愛かったです。菓子パンメーカーということもあり、桜っぽい匂いがしっかりついていました。

一口サイズなのもいいですよね。あんこに関しては、桜あんより白あんっぽさがありました。白あんが苦手な人はやめた方がいいかもしれません。

 

③築地折峰(3/29)

f:id:chidorimemo:20180329175852j:image

f:id:chidorimemo:20180329175855j:image

やっぱり、桜の塩漬けがあると嬉しいですよね。桜の花みたいな見かけで可愛いパンです。206円ってレシートに書いてありました。

あんこは和生菓子かよってくらいなめらか。桜の味はあまりせず、薄味です。食べるというより飲む。舌が楽しい。

また、あんこが鮮やかなピンクのわりに桜の味が控えめです。桜あんが苦手な人も春のあんぱんを食べられますね。

 

④HARU(3/30)

f:id:chidorimemo:20180330163706j:image

f:id:chidorimemo:20180330163711j:image

江東区役所の向かいにあります。ケーキとパンと洋菓子を売っているお店です。280円くらい。

今までの桜あんぱんと違うのは、かたさ。桜あんぱんに限らずあんぱんってフニャフニャしていることが多いですが、このパンは結構かたい。

ぶん投げられたら痛そうです。歯で引きちぎりながら食べるのですが、噛み応えがすんごい。

ショートケーキで言うならば上のいちご的ポジションの桜の塩漬けはありません。

ですが、あんこが多めでポロポロ落ちるボリューム。なめらかなあんこは桜味よりは白餡っぽいですね。

あと、粉砂糖がふってあって可愛いです。砂糖が飛ぶので外で食べるといいですよ。

 

⑤桜饅頭(4/3)

f:id:chidorimemo:20180403194332j:image

f:id:chidorimemo:20180403194336j:image

桜あんぱんを売ってるパン屋に思いの外出会えないので。

皮がピンク色で可愛かったです!中は普通のこしあんでした。

白餡が苦手な方は是非。あと、このシリーズの酒饅頭がバカうまい。

 

⑥桜あん大福(4/6)

f:id:chidorimemo:20180408014104j:image

f:id:chidorimemo:20180408014117j:image

桜あんぱんが見当たらなさすぎるので、大福も。コンビニで売ってました。一応、桜葉が入ってるはずなのですが、こしあんが強いです。ピンクで可愛いですね。

 

⑦ANDERSEN(4/6)

f:id:chidorimemo:20180408014158j:image

f:id:chidorimemo:20180408014207j:image

上野駅の「パンダと桜のモニュメント」が近いパン屋で売ってました。ツブツブの何かがパンに乗っています。ずっと見てるとゾワッとします。薄目で見ましょう。あんこがピンクでテンションあがっちゃう。ツブツブしてる何かの食感が面白い。

 

⑧しっとりホイップあんぱん・セブンイレブン(4/7)

f:id:chidorimemo:20180408014337j:image

 こういうのを待ってた!これは、ホイップクリームなんです!!「しっとりホイップあんぱん(桜風味)」って名前なので、桜あんぱんでしょう!ホイップクリームが今までで一番桜味です。パンが柔らかくて、あんこがたくさん入ってて、満足。ハンバーガーのパンですかね?

 

ドトール・桜餡デニッシュ(4/8)

 f:id:chidorimemo:20180408150706j:image

ドトールのレジ横に売っています。花の形で可愛い!デニッシュは新鮮ですね!生地がふわふわで嬉しい。

あんこは各花びらの真ん中の方に入っています。ぎっしり詰まってるわけではないのですが、あんこの桜味がしっかりしています。そして、パンだけのところがあることで、くどくなく、ちょうど良く食べられます。

9個目だけど、今んところ一番好きです!季節限定っぽいので、みんなドトールに走れー!

 

⑩桜モンブラン・キーズカフェ(4/14)

f:id:chidorimemo:20180415023808j:image

桜あんぱんが見当たらなさすぎるので例外です。

大きさも甘さも控えめ とのことで売り出されてました。確かに小さい。

たしか秋葉の昭和通り口の近くのカフェです。カレーとかパスタとかある。

モンブランクリームが滑らかでしっかり桜味が付いていました。スポンジが緑色なのも見て楽しいですね。

中の方には桜のジュレみたいなどろっとしたソースが入っています。甘酸っぱくてアクセントになります。

この日は5件パン屋を巡ったけどだめでした。

 

11 こしあんぱん(4/14)

f:id:chidorimemo:20180415024342j:image

f:id:chidorimemo:20180415024346j:image

シェ・リュイという代官山のお菓子をたくさん売ってるパン屋にありました。

桜の塩漬けがあるので桜あんぱんかと思ったら、年中売ってるこしあんぱんのようです。

まあ、桜が乗ってるからギリギリセーフってことで。

小さめですが200円くらいで少し高めな印象。でも、ギッチリ詰まったこしあんに、白玉まではいっていて豪華です。桜の塩漬けはかなり酸っぱくて、甘さに飽きた頃に食べると良さそうです。

 

12 秋葉原 DONQ 

f:id:chidorimemo:20180419220756j:image

 今までで一番かわいい……!

アキバのアトレに入ってるパン屋さんです。他の地域のDONQにも何回か行ったんだけど、桜あんぱんを見つけたのは今日が初めて。

中のあんこがねりきりを食べているかのように滑らかでした。量が多いし、嬉しいね。

パン生地はカタメです。歯で引きちぎって食べます。④で紹介しているHARUさんの桜あんぱんよりは柔らかい感じでした。

新卒で入社して1週間経った

正確には5日なのですが。花金なので1週間でしょう。

非常勤講師や塾の先生などで働いたことはありますが、正社員となるとなんか色々変わりますね。誰かが初心忘るべからずとか言ってたので、変わったことを書ける範囲で書いちゃおう。

 

早起きが続いてる

これが一番心配でした。

でも、1日研修で疲れるとよく眠れるのですが、心配性すぎて朝の5時とかに起きちゃいます。9時に家を出れば会社に間に合うので、早起きしすぎてなかなかシンドイ。

なので、お弁当詰めたり、本読んだり、業務中に見れなかったネットのネタ記事を読み漁ったりして時間をつぶしています。

ギリギリまで寝ても帰ってからなんもやらないだろうし、朝に活動するのはなかなか良いんじゃないでしょうか。続けたい。

 

ツイートが減る

めっちゃ減りますね。早朝、昼、夜に少し呟くくらいになりました。春休みは張り付いていたのに。

 

お弁当が良い

お弁当って自分で作るの嫌いだったんですよ。朝から中身がわかってるからワクワク感なくて。

でも、ランチタイムでごった返してる街中でやっていける気がしないし、量が少ない割に高いし(私は人の倍食べる)、休憩時間に疲れそうでつらいことばかりです。あと、食べるの遅いから慌てなきゃならない。

そんなわけで、手抜きでも良いから作って持っていくことにしました。最近の冷凍食品は有能です。

f:id:chidorimemo:20180406231927j:image

1日目には、これと米1合分のおにぎりをもっていきました。運動部かよ。周りの女の子はサラダとパンだけとかな子も多くて、焦る。でも、食う。

冷凍食品を少しずつ使って家で米を炊くと、満腹まで食べられて200〜300円で済むので嬉しいですね。

お弁当を作るのはしんどそうなので極力ハードルを低くすることにしました。「1品だけは自分で作れたら手抜きしても上出来」というルールです。上の写真だと、15分くらいでできる麻婆豆腐しか自分で作っていません。

冷凍食品を使いまくると、30分あれば用意ができるのでかなりハードルが低いです。あと、使い捨ての容器を用意すると憂鬱な洗い物をしなくて良くなります。最高。

 

思ったほどしんどくない

会社に入る前は、「研修といえども8~9時間会社にいるのは嫌になっちゃうのでは??」と心配でした。

でも、案外平気でした。疲れることは疲れるけど面白いしちょうどいい感じ。

なんでかというと、一つ心当たりがあります。

教育実習がメチャクチャブラックだったことです。私の指導教諭は実習生に厳しくして苦労させることをポリシーとしている(本人が言ってた)らしくて、なかなか帰宅させてくれません。

3週間の実習では、12〜14時間勤務が当たり前、多くて16時間勤務することもありました。

学校で16時間勤務すると、寝る時間が全然ありません。研究授業の前日のことで「今夜は絶対寝ないで、徹夜してください」と、時計が0時を指す職員室で言われました。(結局、3時間寝た)

そんなこともあり、今はなんとかついていけてます。健康って大事。これも、実習でタフになったからでしょう。

 

その他、会社名を言う言わない問題

個人的な話なのですが、会社名をネットで言うか言わないか問題があります。ネットで交流のある方から、業種や場所をネットのやり取りの中で聞かれることがあるのです。1週間、じっくりそこらへんを考えてみました。

結果から言うと、「今の所は言わなくていいかな」という気持ちです。会社から「隠せ!」とは言われているわけではありませんし、ネットで活動している方も周りにはたくさんいます。

そして、私もまた、インターネットで一応記事を書いたりして活動することもあります。まだまだ未熟だし数は多くないけど、あるっちゃあるのです。webメディアじゃなくとも、コミケもそうですね。

仕事、交際状況、家族、子供の話などは、言っちゃった方がどんな人かわかるので親しみやすくなる要因になることでしょうは。いろんな人に自分のことを知ってもらえる機会となりますよね。

でも、記事をたまに書く新卒の自分の場合、そのようなことをする気にはならないのです。今は、自分自信の魅力やあらましを発信していくことよりも、書きたいことがあって書いていきたいという(実際は書かせてもらってる)気持ちの方が強いのが現状です。

そんなに書いてないのに、本当に生意気で申し訳ありません。ただ、私には、自分の深い個人情報を不特定多数の他者に向けて発信する理由が今のところはないのです。

あとは、会社のことは好きだけど、会社を自分のアイデンティティやキャラにするのは違うな、とも思うので。

実際のところ、直接お会いした方には聞かれたら答えたりしてますが、あまりネットに書かないでくださると嬉しいです笑 「今は、自分からは特にネットに書かなくていいかな」という感じです。後に気持ちが変わることもあるので、宣言というわけでもないです。

なので、「言いたくない!!」よりは、「言う必要がないから言わない」 という感じですね。学校の非常勤講師は1年契約だったので終わりが見えてるけど、今は違うので。必要が出てきたら言います。そんな感じです。

自分が強い影響力や他者からの関心を有しているわけではないのですが、何回か詳しくお仕事について質問を受けることがあったなあと思い出したので書いてみました。

どうぞよろしくお願いします。1週間お疲れ様、私。

 

 

初めてお花見をした

初めてお花見をしました。

 

【満員御礼!】3/31(土)20時からは誰でも参加の『大編集会議』!!!語って飲んで考えて、一緒に読者にぶっ刺そう - DON'CRY -ドンクライ-

 

ドンクライの大編集会議というイベントがありました。

イベントについてはわたしからは言及しませんが、エモエモでした。参加者とライターと編集の距離が近いのっていいなあと感じました。

 

で、編集会議のあと、みなさんでお花見に行きました。

 

f:id:chidorimemo:20180401182753j:image

 

夜です。

 

私はたぶんこれが初めてのちゃんとしたお花見です。北海道だと、桜が咲いても寒かったりするし、3月4月だと微妙に雪が残ってたりすることがあります。地面もグチャグチャだし、「やるぞ!」と強い意志を持たなければお花見に至らないのです。(私の出身の旭川では、旭山動物園とかでお花見をできるようになっています)

 

旭山公園の桜|花見特集2018

 

このサイトでは、旭山動物園のお花見は5月上旬~5月中旬と書いてあります。春休みを過ぎていますし、鯉のぼりやカブトの時期です。あと、北海道では運動会を5月や6月にやることが多いのでそれどころじゃないのです。

 

できるっちゃできるのですが、お花見にはあまり縁がありませんでした。一度、小さいときに町内会の集まりでお花見らしきものがあった気がします。でも、ハチャメチャに寒い中ジャンパーを被り、ガタガタ箸を震わせながら、ジンギスカンをつまんだ思い出です。さくら公園で行われたのに、ろくに桜が咲いてなかったのも覚えています。

 

そんな感じで、なんか違うのでこれはノーカンとします。そうするとお花見はほぼ初なのです。京都と千葉で学生を6年間もやった癖に、新歓花見パーティはろくに出席しなかったのも、花見童貞に拍車をかけておりますので、北海道のせいとは言いがたいですが。

 

f:id:chidorimemo:20180401182732j:image

 

夜なので真っ暗でしたが、夜桜を見ることはあまりないので嬉しいですね。

 

終電を逃したので、明け方までダラダラ喋っていました。夜っていうのが、なんか良いですね。まずは、じっくり腰を据えて話すのがドンクライっぽいなあと感じました。

 

私は身体がおかしいので、シャツ、薄手のカーディガン、スカートといった薄着でも大丈夫でしたが、みなさんはもっとちゃんとした格好でも寒そうでした。やりすぎなくらい厚着をするといいらしいです。花見には厚着、です。

 

また、ブルーシートの上に寝そべるのは、背徳感ありますね。地面の冷たさは背中に伝わるわけで、「地べたに横たわるなんて……!でも、汚れてない!」と何度も背中を触り触り確認してしまいました。上を見上げると、桜しか見えないので面白いです。

 

 あと、3/31から4/1に日にちが変わり、社会人になってしまいました。節目の終わりと始まりが桜とはめでたいですね。 

 

色々な方とお話できて嬉しかったです。あと、お花見もできて嬉しかったです。ありがとうございました。よい、春を!

 

デタラメに作った割にいい感じのトマト煮のメモ

デタラメに作った割にうまかったので忘れたら困る。メモ。

 

①玉ねぎを適当に小さく切ってバターで炒める。バターを使うと料理っぽいから。

f:id:chidorimemo:20180330011255j:image

②茶色になるまで炒める。玉ねぎを色が変わるまで炒めると本格料理っぽいから。

 f:id:chidorimemo:20180330011303j:image

③鶏肉にオリーブオイル、粗挽き胡椒、バジルを適当にかける。粉末の胡椒もあるのに粗挽き胡椒を使う理由は、イタリアンっぽい見た目になってかっこいいから。

f:id:chidorimemo:20180330011319j:image

④ナス1個、ピーマン2個を適当に切る。野菜と鶏肉をさっきの玉ねぎのフライパンに加えて全部炒める。ここで、上からオリーブオイルをかけると、もこみちっぽい。やる。

具材の選定理由は、ナスとピーマンは大好きだけど、それ以外の野菜そこまで好きじゃないから。それだけ。

粉末の塩胡椒もファサーっと振掛ける。野菜に味ついてなかったから。

f:id:chidorimemo:20180330011326j:image

⑤缶のトマト、ニンニク、コンソメ、味噌を入れる。コンソメは料理わかってる感あるから。

味噌は京都駅地下ポルタで食べた味噌トマトパスタがおいしかったから。

f:id:chidorimemo:20180330011337j:image 

⑥ジュクジュクになるまで炒める。このとき、きちんと時間をかけて炒めないと、トマトが酸っぱくてマズイ。時間をかけると酸味が取れていい感じになる。これはマジだからきをつけて。⑤と比べて赤色が少し濁ってくるといい感じ。

f:id:chidorimemo:20180330011418j:image

⑦500グラム入りのパスタを適当に半分くらい茹でた。それにトマト煮をかけると終わり。

f:id:chidorimemo:20180330011433j:image

 

鶏肉が勝手に小さくなって一口サイズになってた。下味をつけた鶏肉はうまい。ご飯やパンに乗っけてもよさそう。

料理っぽい動作をわざと入れまくったら、わりと良かったです。

また、適当に炒めすぎた玉ねぎがフライドオニオンみたいになってて香ばしくて良かった。市販のフライドオニオンを入れればええ話なんだけど。

あと、辛いの好きなら鷹の爪いれたらおいしいと思う!トマト煮だと甘みが目立つので、ぜひ。

 

塾長と私たちの攻防

私が以前アルバイトとして働いていた塾は個人経営の塾であった。塾は50歳近い塾長が好き勝手運営しており、まるで城のようであった。一般的な労働基準の概念などそこには存在せず、持ち込んで適用させようとする者もいない。城主・塾長に嫌われると、怒鳴られたり、干されてシフトを減らされたりする実害が出てくる。

 

故に従業員は城主に逆らうことなどせず、適当にやり過ごす術を身につけていくのであった。

 

私ものちに適当にやり過ごす術を身につけるのであるが、バイトを始めて数ヶ月の時点では全くその環境に慣れていなかった。今考えると破茶滅茶なので、幾つか書き連ねていこうと思う。

 

また、これによってバイト先を訴える目的もないし、今更、恨みもないです。こういうことがあったよ、って話です。仕事自体はわりと好きでした。そこだけは付け加えさせていただきます。

 

模様替え

塾長はやや潔癖症で神経質であり、事務室の内装に苛立つことが多かった。なので、1年の間に頻繁に模様替えをしないと気が済まないようであった。

この模様替え、塾長が勝手にやってくれるのならいいのだが、若い学生バイトが多い時を狙う。

勤務終了後、授業が終わったからそのまま帰宅とはいかず、毎回1時間ほどかけて掃除をやらされていた。塾講師の仕事は授業なので、この時間は無給となる。本来は、別途、給料が出るはずだ。普通の学習塾ならね。

しかし、うちはそんなもんは出ない。無給だ。だが、この掃除は「仕事」として行われる。故に、たくさんある工程の幾つかを忘れてしまうと次のシフトの時にドチャクソ怒られる。「仕事」だから。つまり、「仕事じゃないけど仕事」という一見成立しなさそうな論理がこの城では通用するのだ。

 この掃除自体も色々グレーな気がするのだが、キリがないので今回はこれ以上言及しない。

教材がミッチリ入った棚や、面談用の馬鹿でかい机、形だけプライバシーを守ってる感を出すパーテーション、スタッフ用の掲示板、どれもでかいものばかりだ。これらを塾長1人で動かすのはしんどいので、学生を活用する。

清掃業務が終盤に近づいたタイミング「この机をね、こっちへ動かしてくれない?」なんて御用命を賜れば、我ら学生は「運が悪かった」と思うものの、「はいorイエス」しか選択肢がないことを知っている。

一度だけ、この大掃除で報酬が出たことがあった。塾長が私たちに家具の移動をやらせている間にヒョコヒョコと外出していたのだ。渡されたのは、金一封?そんなことはない。3本入りの団子のうちの1本だった。団子。その場での主従関係を理解している私たちは「うめえうめえ」と感謝を前面に出し、学生らしく元気いっぱいに頬張る。

この模様替えに関しては、我々学生の敗北である。突然行われるため、対策のしようがないのだ。

 

年末大掃除・月一の会議

私たち学生にも対策ができるものがあった。日程があらかじめ決められている年末の大掃除と月一の会議である。

これらは当然業務とは別に行われる。大掃除はだいたい12/30、月一の会議は土曜日。

月一の会議は一度だけ出たことがある。会議もいっても、自分が教えている中での成果とダメなところを発表して、塾長にコメントをされるだけだ。

会議に出たら塾長が食事を奢ってくれるしきたりがあった。しかし、ここでも油断はできない。塾長は若者をオモチャにして遊びたいので、食べきれない量をわざと注文するのだ。食べ放題の焼肉屋で、しこたま肉を頼んだ後に、ライス投入、そして、アイスを1人3個くらい行き渡るように注文する。サイゼリヤで炎上するユーチューバーはこういうところにいるんだ。

地獄だ。今時のバカな大学生でもやらん。

私は人の2倍くらい食事をする方だがしんどい。「少食なんです」と嘘をついても皿にはどんどん肉が載せられる。

目の前の席の女の子が引きつった顔をしていた。小柄な彼女がそんなに食べきれるわけがないのだ。結果、彼女の分までアイスを食べ、体調を崩し、散々だった。

この会があってから月一の会議は、欠席するか食事だけ欠席するようにしていた。他の学生も似たようなことをしていたので、自然と月一の会議自体が消え去った。

我々の勝ちだ。

また、年末の大掃除は毎年行われた。他の学生は頑張って参加していたようだが、私は帰省していることにして勤務していた3年間全て欠席したので、個人的には勝ちだと思う。ただ、自宅が塾のあるマンションと同じだったため、人に会う確率が高い。そのため、毎年、せっかくの年末に引きこもる羽目になったので、負けかもしれない。

 

シフトがないから休んだら怒られた

シフトがないから休んだら怒られた。そのまんまである。出勤するとその日授業する生徒が変わっていて、結果、授業がもたついたので、「どうして事前に確認しに来ないんだ」と大声で怒鳴られた。

怒鳴られても、悪いことをしていないし、むしろ勝手に担当生徒を変える方にも落ち度があるし……。とも言えず、黙っていると、「反省文を書き、授業の指導法を新たに考え、数日後にもってこい」と指示された。

詰め寄られると「私が悪かったのかな……」と弱気になったのだが、反省文を書く段階でその考えは払拭された。本当に書くことがないのだ。

授業の方法はいくつか悪かったかもな、と、箇条書きで捻り出した。あと、末尾に「シフトがない時に確認に行かなくてすみません」と書き加えておいた。

あとは、新しい指導法を考えなくてはならない。この塾、人員不足なので10人くらいの少人数のクラスを私が1コマの中で2クラス同時に見なくてはならない。指導法なんてものはなく「いかに効率よくやるか」なのだ。片方のクラスでプリントを解かせている間、もう片方のクラスで解説をする、というのを交互に繰り返す。

そんな中だと、塾長がやらせたがっている量のプリントを子どもたちは終えられない。

じゃあ、いっそ元案をケチョンケチョンに貶して、塾長を怒らせよう。そうすれば、強制的にクビにされて、お互いに幸せかもしれない……。これまで、辞めていた人は物凄く長期にわたり揉めていたが、それもパスできる。

名案だ。名案すぎる。

そんなわけで、塾長の前で既存の指導法をメチャクチャに批判した。一通りの説明が済み、「怒られるぞ」と膝の上の握りこぶしに力を入れた瞬間、

「よくやった。その通りだ」

褒められてしまった……。なんでこんな時に褒めるんだよ。ついでに、煽てられて季節は12月なのに入試を控えた高校生の授業を飛び込みで持たされるハメになった。後々別の先生に聞くと、「受験生の中に辞めそうな生徒がいるので、若い学生が担当すれば、辞めないかも」みたいな打算にまみれた動機があったらしい。

 

結果

完敗である。

勝ったと思った部分もあったが、完全に負けていた。

結局、3年間ダラダラと勤務した。

この理由も、冬休みに帰省している間に他の学生が全員バイトを辞めていたからだ。仲間内でも完敗だ。人手がなさすぎて、辞めるわけにもいかなさそうだったし、バイト先とマンションが同じだからカドが立ちまくる。

いま考えると、他にも、消防士のように突然電話で呼び出されるとか提出物があってバイト先に立ち寄ったら3時間事務作業をやらされた など、たくさんの不条理がある。他のバイトの人もわりとこういうことがあったみたいだし、バイトってすごい。

 

あと、塾をやめるときに送別会をしてもらい、「君は見かけはまあまあ許せるとしても、性格がメチャクチャだからね、恋ができないよ」なんて塾長に告げられた。塾長は性格は破綻しているが妻はいる。なんも言えねえ。思いがけずここでも敗北を喫した。

 

http://chidorimemo.hatenablog.com/entry/2017/11/06/151500

 

最後に、以前、塾が潰れたかもしれないと言及した。あれはウソだった。調べなおすと、支店を増やしてメチャクチャ繁盛していた。そのゴキブリのような生命力、一周回って嫌いじゃない。塾長が死ぬまで頑張ってほしい。

 

あと、学生さんは無理しないでこんな感じじゃないとこでバイトしてね。

 

修了式に出た

修了式は大学院版の卒業式みたいな感じです。弊学は地域の文化会館で執り行われました。

 

スーツの靴と間違えて、普段の黒いブーツで来ちゃった。

f:id:chidorimemo:20180328025902j:image

 

その後、大学にて、学位授与式。指定された教室に行くと、学位記だったり教員免許が自分と席の上に置かれていました。

f:id:chidorimemo:20180328023245j:image

専修免許ですよ!

1種免許(大学で取れる教員免許)の上位資格らしいですが、先生になるためにはどっちでもよかったりします。

f:id:chidorimemo:20180328023249j:image

 

学部の時は卒業式には出ず、学位授与式だけ出席したのですが、それでもものすごく盛りだくさんだった印象です。みんな袴を着ていて、4年間お世話になった教授がゆるーく話をしてくれて、卒論がすごくて表彰される学生に拍手して、一人一人証書を受け取って、社会人学生のおばちゃんも交えて写真を撮りまくって。私学だったからか(関係なさそう)自由でした。

 

今回の大学院の場合は、一度卒業してる人の集まりということもあるのか、全てが淡々と進んでいきました。数時間前に行った形式的な修了式を、もう一度少人数でやっているような感じでした。偉い人の話も答辞も式典のように行われるようで、「儀式」 って感じが強く、印象的でした。

 

偶然なのでしょうが、表彰される学生の人だけ袴を着ていて、あとはみんなスーツなのはすごい面白かった。

 

あとは、徹夜して式に臨んじゃいけないな、と思いました。当たり前なんですが。会場集合が早かったのと、前日に寝すぎたため、徹夜をすることになってしまったのですが、2つの式典中、眠くて眠くて仕方ない。偉い人の話、ざっくりとしか覚えてない。あと、修了式とか卒業式って何かと「起立礼着席」が多すぎるもんなんですが、それがしんど過ぎて倒れそうでした。

 

最後にもう一つは良い話。ワンピーススーツがめちゃくちゃ有能です。

f:id:chidorimemo:20180328024647j:image

こんな感じのワンピースにジャケットを羽織っていったのですが、快適ですね。スーツ特有の、堅苦しさやウエストが締め付けられる感覚もありません。普段着っぽい。あと、スーツのスカートがクルクル回って腰あたりにスカートのお尻が移動する現象が、なくなるのが最高です。

 

先日、適当にスーツ4点セットを買ったら、ジャケット、パンツ、スカートに加えてワンピースがついてきたのですが、良いものです。式典はリクルートスーツである必要は全くないのですから、もっと早く気づいて積極的に着ればよかった。あっ、でも、見かけが学生よりは保護者っぽくなっちゃいました。まあ、ラクだからいっか。

 

学部の時には出なかった式典にちゃんと出てみたみました。出ても出なくてもいいけど、こんなもんかと理解するためには出てもいいんじゃない?って感じでした。

f:id:chidorimemo:20180328025554j:image

あと、会場で撮影ができるのなら、白黒で写真を撮ると、過激な集会っぽくなるのでオススメです。歴史的。