とりめも

鶏肉

クソダセェ喪女がケーキ屋でバイトをしていた話

学生時代に半年ちょっとケーキ屋でバイトをしていたことがあります。学部1年で、一番年下でした。

 

そのとき住んでいた京都の最低賃金のお給料でしたが、バイトの面接を10箇所くらいお祈りされ続けていた自分は選り好みする身分でもなく、「ありがたやありがたや」と両手のひらをさすりさすり、働くことにしました。

 

関西にいくつかの支店があるケーキ屋で、京都に住んでる人なら看板は見たことあるだろうって感じのお店です。

 

ケーキ屋のお仕事って

女の子なら憧れたことのある人も多いのではないでしょうか。キラキラ可愛いスイーツに囲まれた、ほんわかしたお仕事……。

 

そんなもん幻想だ(※私のいたところでは)

 

お仕事内容

私はケーキ屋の販売員でした。あと、洋菓子や焼き菓子、パンも売ってるお店でした。

覚えているものを羅列していくと、

 

食べ物を売る、お客さんが入店するときに扉を開ける、お客さんが帰るときに扉を開けてお見送り、お客さんが用事あるときに察して注目して声をかける、いい商品を宣伝する、ケーキの箱を組み立てる、ケーキの下に敷く紙などの物資を補給する、頼まれたらケーキにリボンをつけたりロウソクをつける、ケーキの残数をパティシエに確認する、頼まれたら焼き菓子などをラッピングする、チョコで文字を書く、店内の掃除、店外の掃除、パンやケーキの片付け、トレーや皿を洗う、ドライアイスをトンカチで割る、パンを切る、焼き菓子の箱詰めを作る、トングの煮沸、ケーキ触るときに使うゴム手袋の消毒、予約の受付、試食の準備、無茶な注文をなだめる

 

などなど。

どの職種にも通じると思いますが、たくさんお仕事があるんですね。

 

手が回らない

 

うちのお店の販売員の場合、業務終了までに接客業務に加え、資材の補給や箱詰めの製作、皿洗いなどの個人に割り当てられた仕事を並行してうまいことやらなきゃなりませんでした。

 

要領が悪すぎる私には、それが難しくて難しくて。こっちとしては業務終了までに皿洗いが済んでないと怒られるのに、どんどん客が来る、やめてくれ〜〜〜みたいな。客からしたら、知らんがなって話ですが。そして、接客も個人に割り当てられた仕事もボロが出て二重三重に怒られる負のスパイラル。

 

当時は、なんでそんなこともできないの、と言われるたびに「私は他人よりどこか劣ってるのかもしれない」と真剣に考えてました。

 

女性が多い

これが一番しんどい。

 

もちろん全部がそうとはいいませんが、女性が多い職場って、荒れやすいと思います。とくに、業務内容が多くてみんなストレスをためている場合。

 

みんなが一緒じゃないとおかしい みたいな風潮があった気がします。

 

言い方が小汚くて申し訳ないのですが、わりと学術から縁遠い人が多く、愛想のいい人が多い職場だった気がします。公立中学でクラスを牛耳る女子の集まりみたいな。

 

当時の私は彼女らからすると正反対でした。極端な短髪、メガネ、化粧ももっさい。人と目を合わせられないし、愛想も悪い。雑談できずヘラヘラ笑ってるだけ。オタサー所属で私服もダサい。講義入れすぎで飲み会にもいかないし、とかくノリが悪い。

 

学部一年生で意識は高かったので勉強は頑張っていたかもしれないけど、そんなものこの職場では評価されるわけもない。救いようがないルックスでオドオドしてりゃ、陰口も言われるわけだって。

 

今考えると「クソダセェ喪女」なわけです。華やかなケーキ屋で浮くに決まってる。なんで採用されたんだって。(喪女でもコミュ障でもオタクでも全部当てはまりそうなのでなんでもいい気もしますが、とりあえず)

 

唐突に「千鳥さんって友達いるの?」って聞かれて、「あまりいないです」って答えてなぜか説教をされたあの日。当時は理解不能だったが、彼女らの中では友達の多さは大事なことなのだから、それがないなんて信じられなかったのでしょう。いまならわかる。しかも、一番年下だし、ちょっと説教めいた助言くらいしてやりたくなるのだろう。

 

当時は、「私はお互いに仲の良い友人が1人でもいれば満足なのに……」って不満だったが、そういう話じゃない。そもそもの文化が違うんだ。

 

今考える適応できなかったわけ

①クソ真面目にできない理由を思いつめすぎた

当時は仕事ができないことをクソ真面目に悩んでました。なぜ自分だけできないのだろうと。今、ほかのアルバイトや非常勤講師などを経て考えるに、「業務が多すぎることに気づけ」ということです。

 

職場で生き残る人たちは、適性があるからやれてるわけで、バイト初心者の自分がすぐにできるとは限らないのです。

 

当時は、「自分はみんなができることができないからなんかの病気なんじゃないだろうか」と真剣に考えてました。

 

たぶん、そうじゃなく、たくさんの仕事を同時にスピーディにこなす適性がなかっただけだと思います。そのあとに、バイトを塾講師に変えたり、漢文にまつわる文章の校正や小学校の非常勤講師もやりましたが、そこではここまでの問題は起きなかったし。褒められることもあった。

 

自分の場合、知的労働や人に何かを伝える仕事の方が合っていただけの話でしょう。

 

②文化が違うということがわからなかった

高校出たてで、上の人が言うことは正しいと思い込んでる節がありました。

 

なので、女性が多い職場特有(※例外はたくさんあると思います)の、みんなで足並みをそろえる感じや、見かけの華やかさや交友関係を重視することができていない自分に対して、「ダメなんだなあ」と思い込んでしまう。

 

そんなもん、場所が変われば雰囲気も変わる。

 

ケーキ屋をやめてから、いろんな団体に飛び込んで知りました。よかった。

 

大学四年のゼミは、中国思想のゼミで、隠逸思想の話や纏足の話ばかりしていたし、周りは死体同士を結婚させる冥婚の話や東洋医学の話をしていた。それがジャスティスな文化の空間もあるわけで。

 

ケーキ屋の良かったところ

disるつもりはなかったのですが、そんな感じになりそうなので……。

私が人間関係に適応できなかっただけで、ケーキ屋自体は素敵だと思います!

わざとらしくいいところを書いて終わりにします。 

 

  • 不機嫌な客が少ない

ケーキを買いに来る時ってだいたいはウキウキしてますよね。お客さんの機嫌がいいのは、バイト初心者にはいいことです。変な注文はあっても、クレーマーは少ないのではないでしょうか(いるけど)。

 

  • ケーキの味の違いがわかるかも

試食をたくさんしました。お客さんに味を伝えなきゃならないので。普段適当に食べてても、やっぱり材料によって味は違うし、プロのパティシエからこだわりのポイントを聞けるのはデカいですね。生クリームにラム酒いれると、しつこくない味になるんだよ、とか。

 

  • 小ワザが身につく

簡単なラッピングやチョコで文字を書く技術が身につきます。まだ活用したことないけど。

 

  • 人と話すのがこわくなくなるかも

うちの場合、お客様に対して、ものすごく丁寧な接客を要求されました。ドアの開け閉めやお見送り。「行ってらっしゃいませ」「こちらのケーキでよろしゅうございますか?」とか言ってました。

ほかのバイトや仕事するにあたり、丁寧だね〜〜って言ってもらえることが多くなりました。

あと、おじいちゃんおばあちゃんのお客さんが多いので、やわらかく話すことができるようになりました。

地方の進学校を出て大学生なりたてて、自己中心的で世間を知らない野生児みたいな自分には本当によかった。行儀良くなります。

 

元バイト先が変だった

数年前、関西にいた時、ある学習塾でバイトをしていました。チェーンではなく、個人塾で、独自のルールがものすごく多い塾でした。

 

40代後半くらいの塾長が全実権を握っており、機嫌が悪いと大変。忘れ物した生徒を怒鳴り泣かせる(中2の男の子が泣いてた)こともしょっちゅうでした。

 

そんな感じなので、学生バイトはあまりいませんでした。私がバイトを始めた頃には5,6人いたはずなのですが、ある長期休暇に私が北海道に帰省している間に全員辞めてました。完全に人不足。小さい個人塾でも、急に3、4人もバイトが辞めると回していくのが大変。つまり、私は辞められなくなりました。

 

辞める時に揉めるのも面倒だし、ダラダラ3年くらいそのバイト先にはいたのですが、学生バイトが減ってからはパートのおばちゃんやおじさんが入れ替わり立ち代り次々と入ってきました。塾長も個性的だったけど、その人達も個性的だったので、覚えてる限りのメモ。

 

パートのおじさん

バーテンダーで、バイトをしていた時は愛人のヒモ。行動の決定権は愛人女性にあるので、突然、愛人女性の提案で海外旅行の予定が入り欠勤したりする。あと、たまにクラリネットを演奏しに東京へ行く。1番年長者なのに電話に出させて貰えてなかったのが不思議。

 

 パートのおばちゃん①

子どもがいる人なので用があって電話すると、電話先で子どもがめちゃくちゃ騒いでて面白い。

 

パートのおばちゃん②

同人作家。専門はショタBLだった気がする。コミケ時期は欠勤する。授業で教室に持ち込んでたクリアファイルの絵柄が肌色多かった。古文の指導を専門的にやるのだけど「よーするに、こいつとこいつがヤったってことやで」みたいにオブラートに包まずわかりやすく教えていた。

 

ちょっとだけいたバイトのお兄さん

早稲田卒で、なんかの試験の勉強の合間にバイトしてたみたい。スーツ着用なのだけど、背中が犬の毛だらけだった。渦巻いてた。指摘してみたら「うちの犬とじゃれてきたんですよ〜〜」って朗らかに教えてくれて、毛はそのままだった。犬と仲良し。

 

 謎の風習

あと、個人経営の塾だからこその、謎の風習もありました。

*勤務後に、突然1時間くらいの模様替えが始まる(若い学生がいるときにやる)。報酬に何故か団子一本もらった。

*毎月ミーティングがあってそのあとに食事会があったのだけど、みんな行きたくなくて欠席しすぎて、その制度が消滅した。

*塾長が捨て猫を2匹飼っていて、Tシャツとかのグッズを作ってホームページで売っていた。たぶん認知されてない。

*塾長、そんなにパソコン使えないのにパソコン教室やってた。

*個人塾なのに、社会科見学とかみんなでディズニーランドに行くイベントがある。子どもは楽しそうなので良さそう??

*クリスマスイブの夜に「今日会議なんだけど来れる?」って電話くる年も。

*1:2の個別指導なのに、1:6くらいの指導になることがあるし、なんか保護者も納得してる節がある(謎)。

*マンションの大家さんとめちゃくちゃ喧嘩する。

*学生バイトの質によって講座が年によって開講されなかったりする(高校日本史とか誰も教えられないから)。小さい塾なので、割と激しい。

*社員さんが何故かバイトと同じ時給制。

*基本的に仲良しな集まりじゃないんだけど、誰かがなんか塾長に怒られそうなことをやらかした時はみんなで協力して隠す。

*基本的に仲良しな集まりじゃないんだけど、飲み会は多かった気もする。

 

 

今考えると限りなくブラックに近いグレーですね。

 

最近懐かしくて塾のホームページを検索したのですが消滅してました。

 

ツイッターで検索かけてみると潰れたっぽい話も……。

 

潰れるべくしてって感じですが、なんだか悲しいような、面白いような。

 

 

 

 

 

夏休みや冬休みの工作や自由研究をラクして乗り切る案

小学校の長期休暇の工作の宿題って、子どもも大変だけど、親も大変。

むしろ、親の宿題みたいな……。

気がついたら明日は始業式なんて時にすぐに取り組める工作を思いついたら少しずつ書いていきたいです。冬くらいまでにたまるかな。

 

やったことあるものとやったことないもの混じってます。

 

工作で賞をとらせたい、とりたい人向けではなく、とりあえず宿題を乗り切りたい感じの人向けです。

 

石に絵を描く

なんかありませんでしたっけ。ストーンアートみたいの。そこらへんから石を拾ってきて、絵の具で塗ればオッケー。ペーパーウエイトだって言い切りましょう。

 

拓本、魚拓

拓本をちゃんと取るには、専用の紙とか、専用の墨が必要です。でも、普通の墨でもそれっぽいものはできるでしょう。適当に魚を買ってきて魚拓とかも良さそうですね。アニメとかで魚が釣れなかったときに見栄を張るやつ。

石碑の拓本は許可を得ないとできないので大変ですが、食べ物とかなら簡単ですよね。

 

ご飯を干す

平安時代とかの非常食で干したご飯を食べることがあったそうです。乾飯だっけ。炊いたご飯を天日干しして、食レポとか良さそう。まずいらしいですけど。

 

うちわに字とか絵を描く

100円均一ショップに白いうちわが売ってるので、それに夏っぽい絵とか字をかけば、なんかいい感じになるはずですよ

 

朝顔に水をやらない

ちびまる子ちゃんになかったっけ。朝顔の観察日記をつけなきゃならないけど、枯らしちゃったから、「水をやらないとどうなるか」っていう研究テーマにしたとか。

 

工作体験に行く

地域のボランティアとか企業がやってる工作体験に申し込んじゃえば、お母さんが買い物してる間に宿題終わっちゃう。わたしは小学生のとき、なんかうさぎの掲示板みたいなのつくりました。うさぎが黒板を持ってる板が用意されてて、わたしはうさぎに色を塗るだけでした。

 

ペーパークラフト

印刷できるし、売ってるし。キットを使った工作を持ってくる子も増えてるし、その中でもかなり安くできるんじゃないでしょうか。

 

キャラメル

うちの母親がやってたみたいです。家でキャラメル作って持って行ってたみたい。キャラメルって工作なのかよくわからないけど。

 

まりもの観察

たぶん、そんなに変わらないから、でっちあげても大丈夫。

 

鏡に紙粘土を貼り付ける

小学校のときに親の案でやりました。工作は適当に乗り切りたかった年に。100円均一ショップで買ってきた鏡の外枠に紙粘土を貼り付けて、これまた100円均一ショップで買ってきたビーズとかビー玉を適当に埋め込んで、終わり。

 

瓶に紙粘土を貼り付けてペンギン

鏡と似てる。小学校のときに、瓶に紙粘土を貼り付けて、青く塗って、顔を描いて、ペンギンって言い張りました。小物入れです。

 

お祭りの胡散臭いおもちゃと正規品の比較

夏休みとかだとお祭りに行って、ベイブレードとかハンドスピナーの偽物をつかまされること、あると思います。正規品と比べてどこが粗悪なのか、または、案外いい感じなのかわかる範囲でまとめて、来年の無駄遣いをなくしましょう。

消しゴムはんこの簡単な作り方。これを読めばとりあえずは作れるはずだよ。

久しぶりに消しゴムはんこを彫ったので、メモとして。

 

1時間くらいでできるので、工作の宿題とかにいいと思いますよ。

 

わりとざっくりしてますが、とりあえずは作れます。遊べます。

 

そんな感じ。

 

材料

  • カッター とか彫刻刀とかデザインナイフとかお好みで
  • 消しゴム
  • スタンプ用のインク
  • あれば練り消し

 

消しゴムは普通に文具売り場で売ってるやつでもいいですし、消しゴムはんこ専用のやつでもオッケー。

表面に色が付いていて、彫ったところがわかるようになってるものが多く、使いやすいですよ。

また、専用のやつといっても、色、大きさ、硬さ、メーカー、いろいろあるので、物色しましょう!

 

 個人的には、シード ほるナビの硬さが普通なものが、力を入れずに彫りやすいし適度な弾力で好きですが、いろいろ試してみて!

彫る時に力を入れがちな人は硬めの板がいいかもしれませんね。

 

つくりかた

①図案を考えて、紙にかく

基本的に彫り始めるとデザインを大きく変えることはできません。

ここでじっくり時間を使いましょう!

 

「好きなキャラをはんこにしたいけど、イラストが苦手……」

なんて場合も大丈夫。

トレーシングペーパーで推しキャラのイラストをなぞっちゃいましょう!

イラストが苦手でもうまいことできちゃう。

f:id:chidorimemo:20171011222310j:image

 アザラシの顔のつもり。

 

②転写する

はんこを彫る時には、鏡のように左右対称の図案と向き合わなきゃなりません。

「せっかく、イラストを描いたのに……!」

なんて心配はいりません。

 

転写させればいいのです。

 

まず、カッターの刃で消しゴムの表面の粉を削ぎ落とします。印面を傷つけないように注意してください。

心配なら消しゴムを水洗いしても大丈夫。

f:id:chidorimemo:20171011222305j:image

図案を押し付け、爪や棒でこすりつけます。

f:id:chidorimemo:20171011222316j:image

すると……

f:id:chidorimemo:20171011222323j:image

うまいこと転写できてますね!くっきり!

 

③彫る

いよいよ彫りましょう!

なんの道具を使うかによって色々方法はあると思いますので、1つの参考くらいにしてください。

f:id:chidorimemo:20171011222335j:image

余白を切り取ります。

f:id:chidorimemo:20171011222344j:image

私は、カッターを使っているのですが、残したい線(黒い部分)を縁取ってから、いらない部分を剥がすように彫ります。消しゴムを引っ剥がす瞬間が、快感、やめられない。かさぶた剥がすみたいな。

 

このときに、残したい線側にカッターの刃が入らないようにしてください。もげちゃうので。横から見て残す線の部分が逆三角形にならないようにしてください。

f:id:chidorimemo:20171011225118j:image

 

細長く彫る部分なんかは、カッターを動かすというよりは、手に持った消しゴムを動かすイメージでやっています。りんごの皮むきみたいに。

 

彫刻刀で木版画のようにガガッと彫り進めてもいいですね。

 

④試し押し、完成

彫れたら試し押し、修正を繰り返して、満足したら、完成ってことにしましょう!

 

細かい図案ですと、深追いしすぎてパーツがぽろっともげちゃうこともあるので、お気をつけて……!

 

f:id:chidorimemo:20171011222358j:imagef:id:chidorimemo:20171011225544j:image

↑深追いしすぎて眉毛取れちゃった悪い例。書き足すことにしました。

 

あと、適宜、練り消しで細かい削りカスを取ってあげましょう。

f:id:chidorimemo:20171011222347j:image

ブサイク。

 

裏ワザ(と言えるのかな

下のようなキャラクターのように、瞳のハイライトなどで小さい丸を使う場合があると思います。

f:id:chidorimemo:20171011225746j:image

これ、彫りにくいですよね。

 

そんなときは……

f:id:chidorimemo:20171011222435j:image

目潰し!

 

シャーペンやボールペンなどの先でお手軽に丸を彫ることができちゃう。

 

f:id:chidorimemo:20171011222431j:image

 

彫りたいけど絵が思いつかない!

市販で図案もたくさん売ってるので、参考に!

 

消しゴム花はんこ モチーフ153

消しゴム花はんこ モチーフ153

 

 

 

あと、専用の消しゴム板を買うと、こんな感じの図案が付いてきたりもします。

 

f:id:chidorimemo:20171011230332j:image

 

有名な消しゴムはんこ作家の図案とコラボしてる時もありますよ。

 

専用の消しゴム板を買うと、トレーシングペーパーもついてくることが多いので図案と一緒に活用するのもアリですね!

 

保存方法は?

日の当たるところと、暑いところと、消しゴム同士が触れるように保存するのは避けたほうがいいです!

 

暑いところでは消しゴムが溶けて、箱の中でくっついちゃうことがあるんですよね。

 

はんこが劣化しちゃうし、箱の中がベタベタするのでいいことありません。

 

なるべく、消しゴムがくっつきにくい木や紙製の箱で、涼しいところで保存してみてください。

 

刃物は危ない

小さい子の工作とかだと心配ですよね。

いまは、爪楊枝や竹串で彫れるものも売ってるみたいですよ。

 

シード 消しゴム ハンコ ラクほりセット KH-RHS

シード 消しゴム ハンコ ラクほりセット KH-RHS

 

 

 

ざっくり雑ですが、とりあえずこんな感じで消しゴムはんこは作れます!

暇つぶしにオススメです!

 

私は、中学高校の青春時代の大半を家で消しゴム彫ってました。

それもどうかと思うので、時々外に出ましょうね。

2006年くらいのゲーム「TheBroth.com」の話

TheBroth.com(以下TheBroth)というサイトをご存知でしょうか。たぶん、アメリカの会社によるもの。

 

youtu.be

www.youtube.com

 

動画も残っていました。これです、これ。

 

TheBrothにアクセスすると、画面に表示されている1000枚くらいの小さいタイルが縦横無尽に動いているのを見ることになります。少し気持ちの悪い光景ですが、これは、世界中からアクセスしているユーザー1人1人がタイルをつかんで動かしているんですね。

 

このタイルを動かす作業がうまくいくと、世界中のユーザーで1枚のモザイクアートを完成させることもできちゃいます。

 

今回はこのサイトの思い出を勝手に書いていきます。

 

 

 2006年のサイト

 

このサイト、中学1年生のときにしょっちゅう閲覧していた記憶があります。最近ふと思い出したので検索してみました。

 

英語のサイト名を覚えていなかったので、「カラフル タイル みんなで」「モザイク オンライン 世界中」とか思いつく想起語を検索フォームに打ち続けました。2,3日空き時間にひたすらこのサイトを検索し続けて「モザイク みんなで動かす」でGIGAZINEさんの記事にヒットし、再会することができました。

 

gigazine.net

 

GIGAZINEさんの記事が更新されているのが2016年5月11日です。いまから、11年前でしょうか。11年前というと、現在24歳の私からすると、13歳。記憶の通り、中1くらいですかね。わたしは、叔父にこのサービスを教えてもらったんですけど、そういえばGIGAZINEの記事からアクセスしていた気もします。

 

ちなみに、中学1年生のときに友達の家でこのサービスを布教しようとしたけど、あんまり喜んでもらえなかった思い出があります。むしろ、そこの家のお母さんに「小さいのが動いていて気持ち悪い」って言われた記憶。ところで、中学校1年生女子ってお友達の家で何して遊ぶんですかね。

 

うまくいくとは限らない。だから良い。

 The Brothでは、他のユーザーと意思疎通する機会があまりなかった気がします。外国人のユーザーばかりなので、ってこともありますが、チャット機能あったかどうかもあやしい。リアルタイムでタイルがどんどん動いていくので、そんな暇もなさそうな気がします。

(追記: 動画を見返すとチャット機能ありそうですね!中学生で英語がわからないので使ってなかっただけで。)

 

なかなか意思疎通ができない分、たくさんのユーザーが1つの部屋に参加していると、それだけ完成が難しくなります。ふつうは、たくさん人がいればそれだけいいものができそうな気もしますが、多数の人たちが目指す完成形とは異なる動きをするユーザーがでてきてまとまらなかったりもするのです。

 

ところで、私は、小学校の高学年くらいから学校以外の空き時間の大半をネット閲覧にぶち込む不健康な生活をしていました。そして、中学生のころもそんな感じでした(今も変わりませんが)。

 

読み物サイトの記事やまとめサイトの記事、毎日閲覧しているブログを巡回する空き時間に、モザイクアートの様子をちらちら確認していました。あとは、無意味にパソコンの前で動くタイルをぼーっと閲覧していたり。ぼんやり見ているだけでも、楽しいんですよ。どんどん画面が変わっていくので。

 

すると、「1時間前まではうまくいっていたのに、今じゃなんかグチャグチャになってる……」なんてこともよくあります。

 

なので、きれいな絵が完成しそうな部屋にアクセスできると、本当にエキサイティングな気分を味わえました。「今日のモザイクはすごいぞ!」って。そして、自分も積極的に協力しちゃったりなんかして。習い事の前なんかだと、「私が出かけるまでに、形になってくれ~~!!」って気が気じゃなかったりしてました。

 

自分の参加した絵がギャラリーに載る

これが一番好きな機能でした。どうやったら掲載されるのかはよく覚えていないのですが、なんかきれいな絵ができると、サイト内のギャラリーに載ることがあります。

 

http://www.woostercollective.com/post/shit-were-diggin-thebroth.com-a-collaborative-mosaic-art-project

 

このサイトに掲載されているレベルの作品ができることってあまりないんですよ。(このアラブ人の絵はサイトトップの画像にも利用されていたので、よく見た記憶があります)

 

TheBrothできれいなモザイク画完成するまでには、膨大な時間と運の良さとユーザー間の気配りが大切です。なので、秀逸な作品の完成の場に自分が居合わせること自体に価値を感じていました。

 

たまたまアクセスしたときの絵が、ギャラリーにのると、閲覧数なども同時に表示されます。今では当たり前の機能だと思います。SNSの個人のつぶやきの影響力も可視化されていますし。

 

でも、当時、なにかを発信する手段も知恵もなかった中学生の自分にとっては(2ちゃんねるに投稿したかったけど、なんかいけないことだと思い込んでた)、少しタイルを動かした絵に何人もの人が見てくれるだけでも、狂おしいくらい承認欲求が満たされました。匿名とはいえ、ネットで誰かとつながったのって、私にとってはこれが最初かもしれません。

 

あと、知らない人と何かを作り上げたことへの達成感があります。年に数回のビッグイベントである学校行事より、匿名性が高い空間での人間同士が協力できる要素があるTheBrothのほうが私にとっては魅力的でした。比べる対象が違うかもしれませんが、当時中学生だったので。

 

学校の行事とは違って、強制力がないからいいんですかね。あと、偶然の要素が高いし、タイルを動かすのにうまいも下手もないし。

 

今は遊べない

The Brothですが、GIGAZINEさんの記事にあるリンクからアクセスしようとしたのですが、今は遊べないみたいですね。

 

でも、画像検索や動画検索すると「うわ~~こんな作品あったなあ!ギャラリーで見たことある!!」という懐かしの作品をいくつか目にすることができてそれで満足です。早送りの動画を見ているだけでも暇つぶしになるのでオススメです!!

 

TheBrothについて書いているブログ等もあまりなかったので、じゃあ、10年越しに書いちゃお、ってことで書いちゃいました。書いちゃった。

また、当時、このサービスで遊んでいた人がいましたら、ぜひ教えてほしいです。

 

 

 

 

美容室に行く前にわざわざ髪の毛を洗わなくていい説

美容室。私にとっては年に数回のビッグイベントだ。

美容師にぼんやりした注文を伝えて、裸眼だとよく見えない自分の姿をぼんやり眺める。

たったそれだけなのに、なんだか億劫で、1年以上いけなかったこともある。

 

だいたい「ばっさり切っちゃってください!ここくらいまで!」とか、適当な注文をしてしまう。ラーメン二郎を少しはリスペクトしたほうがいい。そんな私でも、お金を払えば、なんだかんだうまいこと切ってもらえるのが日本だ。

 

基本的にはぼんやりしてるだけで適当な注文のわりに、満足して帰る。でも、億劫に感じるのは、美容師に気を遣いすぎるからだ。

 

髪型が人に与える影響はものすごい大きいものだと思う。学部のときに教育実習に向かう前のガイダンスで、大学教員が「人の印象は見かけで決まります。茶髪なんてちゃらちゃらしているからダメです。」ときっぱりと言っていた。教育実習だと黒髪が最低限のマナーとされることが多い。

 

私個人の意見としては、時代錯誤に感じるけれども、今回はおいておく。とにかく、髪の毛の様子が人に与える印象はでかいのだ。

そして、美容師は、ヘアースタイルという、人の印象の大部分にかかる要素を巧みに操る人たちだ。1年も髪を伸ばしっぱなしでも平気なわたしよりは、確実に何ステージもオシャレの徳を積み重ねている人たちといってもいいだろう。

 

そんなオシャレな人たちに「汚い」とは思われたくないのだ。だから気を遣う。

 

「ダサい」ならまだいいが(そこは彼らがどうにかしてくれるので)、「汚い」は美容師にもどうにもできない。

 

サービス業故に「お客さん汚いっすねー!」とは言わないだろうけど、内心で「こいつ、ダサいしきったねえな」ってオシャレの最先端に触れている彼らに思われてたら、ちょっとツラい。救いようがない。

 

ちなみに私は、髪の量が異常に多いことに加えて、田舎くさすぎるからか、「わー!!すっきりしましたねー!!!お母さん喜ぶよ!!!!!」って美容師に言われたことがある。大学生で。髪を切ってお母さんが喜ぶ大学生なのだ。髪を切るだけで、親孝行できちゃうダサさ。

 

ブログだから許される冗長な前置きを経て、本題に入る。

 

そんなわけで、美容室に行く前はいつも、なるべく直前にシャワーを浴び洗髪している。あと、美容室で髪をすすいだあとにタオルで耳の中をゴリっと拭われることがあるので、耳掃除もしなくてはならないマイルールがある。オシャレピーポーに失礼があってはならないのだ。

 

しかし、「よく考えてみたら、美容室で髪をすすぎ洗いしたり、シャンプーしたりするじゃん」って先日気がついた。歯医者に行く前に歯をみがくのとはわけが違うのではないだろうか。もしかして、徒労???むしろ、シャンプーのにおいがくさくて迷惑?????

 

みんな美容室行く前に髪の毛洗うの?

 

こわくなってきて、アンケートを取ってみた。

 

 

Twitterでアンケートを募ったところ、56票もご回答いただいた。本当にありがとうございます。

 

この結果だと、わざわざ洗うって人と、別に洗わない&特に考えたことない って人がだいたい半々くらいのようだ。わたしみたいに意識して洗う人もいることがわかっただけでもうれしい。

 

実際に聞いてみた

ちょうどこのアンケートを取った日、髪の毛を切りに行く予定があったのだ。いや、予定があったから、アンケートをとったのだけど。

 

せっかく美容室に行くなら、プロに聞いてみりゃいいじゃん!そうすれば、悩まなくてもいい。

 

待合室ではひたすらなんて聞くか頭の中で会話のシュミレーションを繰り返していた。面接前かよ。思ったより店内がオシャレだったので、委縮してしまった。

 

10分程度待機すると自分の番になった。担当は25歳の男性美容師だ。年齢は、私が待っている間にカットしていたお客さんに「25歳だから、そろそろ結婚とか考えなきゃならないんですよー」って話していたのが聞こえてきたから、それが情報源。25歳って結婚を考えるものなのかー……としみじみと盗み聞きをしていた。

 

席に通されて「今日はどれくらい切りますか?」「カット&ブローでいいですか」なんて、定型的な会話が終わるやいなや「あのー」と無理やり会話を切り出した。普段なら、無表情でぼんやりしているところだ。

 

私「あの、美容師さん的に、来店の直前に髪の毛って洗うべきなんですか?」

美容師「え!洗ってきたの!えらいねー!!」

私「臭いって思われたら良くないなあと思って……。」

美容師「気にしなくて大丈夫だから!!!」

 

褒められた。えらいらしいぞ、やった。あと、そこまで気にしなくていいらしいぞ。

 

そのあとに色々教えてくれたので、まとめると、

  • 直前に洗ってくれた方がうれしいけど、前日の夜で十分。
  • たまに女性でも3日洗っていない人がいる。
  • 3日洗わないのはやめてほしい。仕事だから接客するけど。

 

3日も洗わない人がいることに驚いた。たしかに、「店でお金払ってシャンプーしてもらえるならいいじゃん」って発想もわからんでもない。

 

美容師「3日もたつとね、シャンプーが泡立たねぇんだよ!すごいよね。歯医者行くときに歯を磨くみたいにさ、洗ってこないのかな!仕事だから、いいんだけど!でもさ、においとかするじゃんね。」

 

急に美容師さんが饒舌になった。よっぽどストレスが溜まっているんだろうか。他のお客さんもいたので、あとから怒られてないかちょっと心配になった。

 

ここで、もう少し聞いてみた。

私「じゃあ、例えば、3日洗ってこない人でもシャンプーなしで髪のすすぎだけを注文する場合もあるんですか?それでもどうにかなるんですか?」

美容師「いないこともないけど、まあ、仕事だからやるよ!」

 

プロの仕事魂を感じた。さすが、オシャレ徳を積んでいるだけある。風邪とかでやむを得ない場合でも、どうにかなりそう。

 

まとめ

まとめると、

前夜にシャワー浴びてれば大丈夫!

 

一人の美容師にしか聞いてないので、一般的にはどうなのかわからないけど、とりあえず1つの意見を聞けたのはよかった。

また、別の美容室でも聞いてみようと思う。

美容室で話すことなくていつも沈黙の中ぼんやりしてるし。いい話題ができたもんだ。

 

あと、余談だが、美容師の人がしきりに「前髪伸ばしてるのいいね!すこし目にかかるようにするね!その方がエロいから!エロい方がいいんだよ!でしょ??エロくしちゃうね!」って言っていたのが印象的だった。エロというより、鬼太郎みたいになったよ。

 

美容師100人くらい集めて、エロい髪型を調査できたら面白そうですね。 髪を切りに行くたびに聞けば100人なら、生きてるうちに集まりそう。忘れちゃうんだろうけど。

 

個人的にはうなじが見えるポニーテールだと思うのですが如何でしょう。

JINSの黒縁サブカルメガネを買って10ヶ月くらい。不審者に会わなくなった。

昨年の12月くらいに、急にメガネを新調したくなり、黒縁のサブカルぽいメガネを買いに行きました。形だけでも、サブカル女子になりたかった(なれなかった)。サブカル女子というより、食いだおれ人形みたいでした。大阪のやつ。女子ですらない。

 

なんか、大学の授業と授業の空き時間が4時間くらいあって、「暇だしメガネ買いに行くか」と、唐突に買いに行ったのを覚えています。購買欲は突然に。いまは、ふらっとメガネを買いに行って、すぐに受け取れるからいい時代ですね。

 

f:id:chidorimemo:20170924112546j:image

こんな感じのを買いました。

 

男性用で現品限りでした。よくわからないけど銀色にピカピカしてるところが好きです。ところで、メガネの男性用とか女性用って何なんでしょうね。あんまり気にしてないけど。

 

クセがあるし飽きちゃうかなーって思って、ジンズの1万円くらいの安いやつにしました(ジンズでは高いけど、メガネにしては安い)。

 

現状、飽きるかなって思った割に、ずっと掛けてます。それまでに使ってたメガネなくしちゃったし。

 

というわけで、良くも悪くもクセのある太い縁のメガネを掛けるのは、今回が初めて。このメガネ、他人の印象には残るみたいです。あと、結構面白い反応をされます。

 

そこらへんのこと、覚えてる限り書いてみよう。

 

小学生にメガネをとられる

教育学研究科に所属してたりする事情から、子どもと会うことがあります。

 

小学生には大人気です、わたしのメガネ。

 

「かけさせて!かけさせて!」って顔からメガネとられちゃいます。乱視強いからやめといた方がいいと思うけど……。かけても見えてないから、自分の顔を確認できてないんですけどね。

 

ハリーポッターのメガネ」らしいです。

 

小学生も学習するので、2度顔を合わせば飽きられますが。

 

親戚の小さい子に久々に会うときとか、ちょっと子どもウケするかもしれませんよ!

 

面接で覚えられる

夏くらいまで就活等々であちこち出向くことがありました。

 

面接のときは基本的にメガネをかけないようにしてました。食いだおれ人形みたいだし、度がキツくて頭痛くなるから。

 

でも、筆記試験や説明会では文字が見えないと困るので仕方なくかけてました。

 

そうすると、そのあとの面接とかで、面接官に「あれ?メガネは?」「あのメガネかけないんですか笑」って聞かれます。

 

良くも悪くもメガネで覚えてもらえます。服装厳しいとこだとダメかもしれませんが、よくわかりません。

 

「メガネの人」って言って指名される

講義とか説明会とかですね。

 

「そこのメガネの人!」って指名されることがよくあります。

 

メガネの人が周りにいても言われます。

 

あなたも、食いだおれ人形みたいなメガネで、周囲のメガネに差をつけてトップオブメガネの座を手に入れましょう。

 

不審者に会わない

これ、最高。

 

私は1人で出歩くことが多いのですが、これまでは、わけのわからないおじさんに絡まれたり、セミナーの勧誘を受けることがしばしばありました。

 

不審者の話をすれば、記事をすぐに10個はかけるのですが、やめておきます。

バスで出会った謎のおばさんに「友だちになってあげて」と息子を紹介されそうになった話とか、家の前まで知らない人がついてきちゃったとかそんな話です。

 

たぶん、いかにも田舎くさいもっさい感じでオドオド歩いてるから、「オレでもイケる感」「セミナーに来てくれそう感」を抱かせてしまうのでしょう(人に言われたし、その通りだと思う)。

 

それは置いといて。黒縁メガネをかけると私の方が怪しくなるのでしょうか。

メガネをかけているときに厄介な事案に出会うことはほとんどなくなりました。

 

日本ではまだまだ黒縁メガネに変わった印象(?)を持つ方が多いおかげですね!不審者避けには最高のこのメガネ、どうでしょう!

 

美術館とか下北沢とか行くと、似たような人をたくさん見かけるので、全然怪しくなくなりますが。

 

まとめ

ファッション性を抜きに、利便性だけを考えると、

最近冷たい親戚の子どもに会う予定がある、不審者に絡まれて困ってる って方にはオススメだと思います。

 

あと、太い縁なので、多少雑に扱っても壊れないのが素晴らしい。

 

ただ、悪目立ちすることもあるなあ とも。

そこらへんは不便なので、近々、普通のやつも買おうかなって思います。

 

あと、丸メガネもかけてみたい。