とりめも

東京のおいしいインドカレーの店を教えて

暴力で退学した高貴な友人

友人って書いたけど知人かもしれない。でも、友人だった時もあったんだ。

 

京都にある私大の学部一年生のときの話。同じクラスにその男の子がいた。

 

私の大学の文学部は、一年生のときにクラスがあった。その男子学生は、柔道やってたらしくてガタイが良かった。でも、顔立ちは高貴な美少年みたい。声も小さい。なかなかアンバランスで面白かった。

 

彼は、浪人生で東京出身だった。その両方になぜかコンプレックスを持っているようだった。

 

私の北海道弁が「バカにしてるように思えた」と胸ぐらを掴んできたり、九州出身のクラスメイトに「東京モンって言われた」(たぶん誰も言ってない)と愚痴を言ってきたりした。

 

あと、彼は東京時代のバイトの話をよくしてくれた。東京にある日本一のマクドナルドで働いて先輩に褒められていたから、スゴイ人間なんだそうだ。

 

あと、あと、「僕は後期入試で入ったから、他のやつらとは違う」とよく愚痴を言っていた。うちの大学は内部進学とかAOで入れるので、いいたいことはわかる。

 

彼は、いいとこの坊ちゃんだった。私立大学には時々家柄が良すぎて苦しむ人がいる。なんかおうちが厳しくて、実家には帰りたくないらしい。

 

でも、いいとこの坊ちゃんなので、それなりにキザだった。サイゼリヤに行くのに張り切って「イタリアのいい革靴」(説明が長くてあまり覚えてない)を履いてきてた。

 

彼は顔立ちがいいのと、なんか学級委員感が出ているので、学部二年生くらいまではみんなに慕われていた。適当な学生が多いちゃらんぽらんなクラスだったので、すぐに頂点に立てる。

 

彼はパソコンをほとんど使えなくて、夜中3時に私の家にプリンターを借りに来ることがあった。発表前日だとかで。彼の勘違いで胸ぐらをつかまれた翌日とかで険悪だったので、「コンビニ印刷を使え、そんなモン」と追い返したかったが、「わからない、できない」の一点張り。

 

なんだかんだでプリンターを貸したのだが、私が途中、操作を間違えたのを「だから、君は」と責め立ててくるので、「うちのプリンターのインクと紙なんだから別に良くない!?」とまた口論になった。

 

途中、彼は「このことはクラスの人には絶対言わないで。夜中に女の子の家にプリンター借りに行く迷惑なやつだと思われたくない」と言っていた。「その通りじゃん」ってケラケラ笑ったら怒られた。これは私も悪い。

 

(口論になりながら、大学の同じサークルの留学生で、今一緒にコミケのサークルで活動してるゆうくんにメールで慰めてもらってのはいい話。)

 

そのとき、彼はどこか「おかしい」と確信した。話が噛み合わなさすぎるので。でも、クラスの学生は彼を慕っていた。

 

ちなみに、彼は朝5時くらいに帰って行った。途中「頼むから帰って……」って何度も言ってしまった。小学生の頃に母親が「遊びに来た友達と喧嘩しても 帰って って言っちゃダメだよ」って教えてくれたけど、例外というのもあるよな、って無理矢理自分を納得させた。

 

さすがに今は許しているけど、当時はそれをきっかけにそれから1年くらい口をきくことがなくなってしまった。

 

彼は完璧主義者だったんだと思う。3年の時に彼がクラスでの研究発表を急遽取りやめたことがあった。USBが破損しただとかで。担当の教授も他の学生も誰も怒っていないのに、「僕が失敗するなんて初めてだ、僕が失敗するなんて初めてだ」とブツブツ呟いていた。それまでも、わりと失敗多かったと思うけど……。

 

彼は2年生か3年生のとき、学生自治委員会の会長に立候補していた。なんなのかよくわからないけど、文学部の中の生徒会総選挙みたいな感じだ。我が文学部を牛耳っていくのだ。

 

大学生の選挙は中学や高校ほど力を入れないものだと思うのだが、彼はパソコンの基本操作もできないのに独自のルートで手に入れたツテを使い、顔写真入りのポスターを配りまくっていた。いろんな講義に顔を出して、無理やり演説をするので、少し噂になっていた。やばい奴がいる、と。その期間は、選挙に全てをかけていて、ちびまる子ちゃんの丸尾くんみたいだった。

 

彼は当選した。私がわざわざ別の人に投票した努力もむなしく、当選した。

 

私の所属していた中国文学専攻は15人しかいない(日本文学は100人くらいいる)のだが、その中から学生自治長が出るなんて、教授たちも喜んでいた。「お祝いの飲み会をやろう」と教授からメールが回ってきた(これも、教授主催じゃなくて、彼主催らしいが)。そのころには、彼の信用もそこまでなかったので、参加者は高貴な彼、教授、社会人学生のおばちゃん だけだったらしい。私も行けばよかった。

 

それから彼は学生自治の鬼になった。会うたびに「自治が〜〜自治が〜〜」と言っていて、忙しそうだった。彼の公約の一つに、学部事務室の窓口のおばさんの愛想が悪すぎるからどうにかしたい みたいなのがあって、それは支持した。卒業までどうにもならんかったけど。

 

彼が学生自治の鬼になって、1年か1年半くらいたった、4年生の春。彼は消えた。

 

3年生のときから彼とは違うゼミだった。(15人の学生を2つのゼミにわける。私は思想、彼は文学のゼミだった)

 

それでも、私にも彼が消えたことがわかった。

 

新聞部の学生が作った新聞に「文学部の学生自治長が暴行を働き退学」と書いてあった。普段、大学新聞なんか見ないくせに、写真まで撮って保存した(後にスマホが壊れてデータが消えてしまった)。

 

(後々、新聞部のホームページから、その号の新聞を閲覧したら、彼の記事の部分だけ隠されていた。大学からなんか言われたのかもしれないが、これこそ報道すべき内容なのにとも思う。普段いいことばかり書いてるし。)

 

で、詳しい人に聞くと、カサで自治会の女の子を殴ってしまったらしい。本来なら警察沙汰になるはずだけど、女の子が自治長を慕っていたとかなんとかで、退学扱いで丸く収まったようだ。一年生のときから「あいつはおかしい」と言っていた私の主張が当たっていたわけだが、なんだかなあー。破天荒だよ。そんで、後味悪いよ。

 

今考えると、もう少し仲良くなっておけば面白かったかもな〜〜という気もする。夜中にプリンターを借りに来て文句言われても許してあげればよかった。「おかしい」って言葉でまとめてしまったが、彼からすれば私が「おかしい」のだろう。いろいろ聞いてみたら友達になれたかもしれない。

 

で、日本一のマクドナルドってどこなんだ。教えてくれ。

少し掻いたらミミズ腫れ「皮膚描記症」ぽいので、抗ヒスタミン軟膏を塗った

皮膚描記症って知ってますか?わたしも正式に病院にかかったわけではないのですが、明らかにそれっぽい症状をもっています。これが乾燥する冬は辛い。

 

これは、皮膚が過敏になりすぎているらしくて、刺激を与えるとミミズ腫れになってしまう症状です。だいたい、30分くらいすると収まってもとの皮膚に戻るので、ぱっと見わたしの腕は普通です。でも、1度痒みに襲われると、バリバリに猫に引っかかれたみたいな腕になっちゃう。リストカットしてないのに、それっぽくなることも。

 

例えば

f:id:chidorimemo:20180216025659j:image

通常の私の腕です。普通の皮膚ですよね。

f:id:chidorimemo:20180216025716j:image

で、爪で「あ」と書いてみましょう。
だんだん赤くなります。

f:id:chidorimemo:20180216025750j:image

赤いのがおさまったらどんどん線が太くなり、さらに腫れます。

f:id:chidorimemo:20180216025940j:image

だいたい40分後にこの程度におさまります。

 

こんな感じです!すごいでしょ。腕に文字を書いてカンニングとかできそうです。

 

で、これ、嫌じゃないですか?掻いたところ全部こんな感じに腫れるんです。ていうか、普通に少し掻いただけでも腫れます。グロいので家の外では袖をまくれません。

 

私は、腕、太もも、背中、お腹、尻、太もも等、やわい皮膚あたりにその症状がでます。背中なんか、少し掻いただけで、なんか、凸凹しています。腫れ上がっているので。

 

そういえば、シャンプーも物によっては頭がバリバリ痒くなって皮膚がはがれてフケがでまくるので、全体的に肌が弱いのかもしれません。

 

で、この症状、

 

痒い→腕を掻く→腫れ上がる→もっと痒い

 

の無限ループでおさまりません。今年は特に酷くて、やらなきゃならない作業がまったく集中できないくらい。生活に支障が出まくり。痒みのせいで。

 

爪で掻き毟ると気持ちいいけど腫れてしまうので、タオルケットでゴシゴシ刺激を与えてごまかしてやり過ごしています。(爪よりは腫れない)

 

やり過ごすのにも限界があるので病院に行こうかと思ったのですが、もうすぐ引っ越すので定期的に通えなくなってしまいます。

 

市販の薬でどうにかならんのかなー。

 

調べてみると、抗ヒスタミン性の物質が良いそうです。ヒスタミンが痒みの原因物質なのですが、肌が神経質なので、それが過剰に出てる状態らしいです。なので、それを抑えるために抗ヒスタミン性の物質が役に立つんだとか(多分大雑把すぎる説明)。

 

あと、生活習慣変えろとか、チョコレートとか脂っぽいものは食うな、和食にしろとかも書いてました。守れそうにないので、一旦無視します。チョコレートも肉も大好きです。

 

とにかく抗ヒスタミンらしい。さらに調べると、飲み薬と塗り薬の2種類があるらしい。飲み薬の方が効きそうだし塗ることができない部位まで効果があるのかな。でも、副作用もあるみたいなので素人判断で選ぶのは怖い。そんなわけで、紹介されていた塗り薬を買ってみました。

 

f:id:chidorimemo:20180216030550j:image

 

レスタミン軟膏という商品を買いました。30グラムくらいで600円程度。薬局で買えます。中身は、白い軟膏で少量でよくのびます。これを腕につけてから6時間……!

 

ほぼかゆみがありませんでした!

 

わたしには、明らかに効果がありました。腕が綺麗なまま過ごせました。軟膏って迷信かと思ってたよ。

 

やったー!ただ、薬を塗っていないお腹や尻、背中はめちゃくちゃ痒いです。全身に塗るのだったら、どれくらいの量を使うんだろう……と考えると恐ろしい。あと、身体がバキバキにかたいので、背中の手が届かないとこには塗れない。かなしい。

やはり、飲み薬を飲みたいですね。とりあえずは医者にかかるまでこれでやり過ごせそうです。皮膚の痒みで悩んでいる方に役に立つかも。

(効果や副作用には個人差があると思うので、個々人の責任と判断で使ってください)

 

蒸し焼きっぽい餃子の作り方

餃子は水をヒタヒタに入れて蒸し焼きにする派だ。自分の周囲には、油を敷いてジュウジュウ焼く人が多い。それはそれで美味しいけど、蒸した餃子も良さみがある。歯ざわりがツルツルで好きなのだ。ブリブリしてて柔らかい。

 

1つ前の記事で絶望的なガトーショコラを作った記事を書いたけど、あれは高校生の時のことで、それから8年経っている。

 

少しはマシになったはずなので、大丈夫なはず……!あまり信用ならない料理メモとしてまとめていく。でも、おいしいから!

 

①油を敷いて、餃子を鍋に並べる。なるべくくっつかないように。

f:id:chidorimemo:20180212221103j:image

 

②餃子を整列させたら、水を入れる。このくらいヒタヒタに水を入れて大丈夫。あとは蓋をするだけ。私は、電気鍋を使っているけど、フライパンでもできる。

 

幸せの音が鳴っている……。

 

③グツグツ鳴ってるけど、蓋を閉めて放置。すごい煙が出る。

f:id:chidorimemo:20180212215048j:image

 

④水が蒸発して、餃子の中身が茶色くなったら食べごろ。焼く前はピンク。ごま油を回すといい感じになる。 完成

f:id:chidorimemo:20180212215701j:image

 

超簡単。油を入れるタイミングは正直よくわからないけど、ごま油をどこかで入れればそれっぽい香りになる。

 

あと、蓋を開けるときに、盛り上がるはず……!

 

ぱちぱちと拍手喝采。

煙がボワっと出てくるの、いいなあ。

 

ただ、1つ気をつける点がある。

 

f:id:chidorimemo:20180212220018j:image

 

ものすごく、餃子がくっつきやすい。

 

箸やヘラで取れるレベルだけど、気になるなら一回に焼く量を少なめにすればいいはず。

 

1年ぶりくらいに餃子を作ったら、一気に40個くらい食べちゃいました。ツルツル食べれるから、やってみて!

 

バレンタインデーの手作りチョコでガトーショコラを炭にした話

今週のお題「バレンタインデー」 にあやかった記事です。

 

バレンタインデーが近い。自分用、恋人用、友達用、職場用なんにせよチョコをどうにかして手に入れなければならなくて頭を抱えてる人もいるだろう。

 

手作り派と購入派に分かれると思うが、恋人に渡すなら圧倒的に購入派だ。恋人じゃなくとも、買って済むならそうする。

 

「作るのが面倒臭い」という理由もあるのだが、それ以上に「わけのわからないものができる不安」「我が家の衛生面は大丈夫か」「お菓子作りの道具を買い揃えるコストでチョコ買えちゃう」「ラッピングも拘るとチョコより高い」などの消極的な理由が出てくる。

 

対して、購入するとなると、「綺麗な包装」「衛生面の安心」「味」等々が約束され、いろんな不安が払拭される。そう、不安がなくなる、のだ。不味くても、チョコの会社が悪いと言えちゃう。

 

あと、選ぶのは楽しい。自分の料理の腕や設備を考えると作ることのできるレシピはかなり狭くなるが、買うのならばそこらへんは気にしなくていい。それに、賞味期限もきちんと明記してある。

 

そんなわけで、私は圧倒的に購入派なのだが、購入が許されない時もあった。高校生の「友チョコ」だ。

 

学校によってはお菓子の持ち込みが禁止されたりすると思うが、うちの高校はそこらへんがゆるやかだった。

 

とりあえず、自分の学校の雰囲気を説明しよう。

 

都会とは違い、私立学校より公立学校のほうが偏差値が高くなる地域で、一応地域の進学校の括りに入る学校に通っていた。進学校だからか、荒れてる子も少ないので、校則はほとんどないようなものだった。私服通学だから、制服指導なんかもない。携帯の持ち込みもアリ。授業中に携帯が鳴らなければオッケーくらいのルールだ。

 

あと、教育費をたくさんかけることができる富裕層の家庭が割と多い印象。医者の子ども、副市長の子ども、ホテル経営者の子どもなどが周りにいた。普通はクラスに1人金持ちキャラがいれば十分だと思うが、5,6人はいる感じだ。

 

関係ないが、バレンタインでもなんでもない日にさほど仲良くもない子から「フランス土産のチョコ」を貰ったこともある。お前は、ちびまる子ちゃんの花輪くんかよ(花輪くんは遠足にフランスのチョコを持ち込む)。

 

そんな、地方のまったりした自由な進学校故か、とにかく、日常的にお菓子を交換しまくるクラスメイトの集まりだった。たまに、手の込んだものを作ってくる子もいる。普通の高校もそうなのかな?

 

校則がないような学校なので、バレンタインやホワイトデーのイベントごとも別に規制されない。むしろ、先生たちもヘラヘラしてるし、気前のいい子が多いので、みんなが堂々とイベントを楽しんでいた。気前がよすぎて、クラス全員に配り出す子もいる。

 

ただ、いくら富裕層が割と多い高校でも、やはり、そこは高校生。バレンタインやホワイトデーは手作りが多かった。ばら撒く個数と手作りでお菓子を作れるスキルが大事なのだ。

 

そんな校風にも慣れてきた頃、わたしも手作りバレンタインに挑戦してみようという気になった。たぶん、高校2年の時だったと思う。

 

高1の時は唯一失敗せずに作れるクッキーで誤魔化したはずだ。粉とバターを混ぜて、型を取って焼くだけだから簡単だ。バレンタインデーに渡さず、ホワイトデーにお返しする作戦で乗り切った。でも、今年はバレンタインデーにあやかりたい。

 

ちょっと見栄を張りたくなったのだ。

 

高1の家庭科の調理実習で手際が悪すぎて、出しゃ張りたがりのガチョウみたいな女子にガーガー怒られたが、そんなの知らない。うるさくされなきゃ本当は作れるんだよ、なんて心の底で思ってた。私だって、「すごい」って思われたい!

 

「楽に作れて見栄えのいいものは何か」と身も蓋もないことを、家庭科教員の免許を持つ母親に問うたら、「フライパンでできるガトーショコラ」のレシピを提案された。

 

チョコレート5個を切り刻んで湯煎して、卵だか小麦粉だかバターを混ぜて焼けばいいらしい。あと、フライパンじゃなくて卵焼き器で作れば、スティック状にカットできるから良いらしい。ガトーショコラって何なんだか知らんが、簡単じゃん。しかも、クッキーよりバレンタインだ。

 

そんなわけで取り掛かることにした。「チョコレート5個を切り刻んで湯煎して、卵だか小麦粉だかバターを混ぜて」までは順調だった。

 

さて、できた液体を卵焼き器に流し込む。そして、火をつけて、表面に膜が張り始めたらひっくり返すのだ。ヨユーじゃん。

 

火の前でウキウキ心弾ませながら番をしていた。母は買い物に行ってしまった。

 

1時間くらい経過した。

 

一向に、固まらない。

 

レシピでは15分くらいで出来るって書いてたけど、ウソなのか?素人だと時間がかかるもんなのか?いやいや、おかしくない?

 

なんて不安は的中した。買い物から帰宅した母がわたしを一瞥するやいなや、何が何やら怒号をあげ、ものすごい剣幕で火を止め、なにかまくし立てるようにキーキー言っている。は?え?

 

まとめると、「卵焼き器はフライパンよりそこが浅いんだから、液を全部流しこんではいけない」らしい。へー。なるほど。知見だ。料理苦手な人にはできない発想だわ。家庭科の成績が劣等生なわたしには、教師の手助けがないと達成できない学習項目だ。

 

素直に感心するのが許されそうな雰囲気ではなかった。

 

とにかく失敗らしいので、ガトーショコラになる予定だったものを皿に取り上げると、ドロドロのチョコの中から、各辺約3センチの立方体のような塊が出てきた。唯一、ガトーショコラになれた部分だ。そして、1時間も熱しているので、底の方は炭になっていた。炭の中からガトーショコラが出てきてる。大笑いしてしまった。ウケる。牛一頭からわずかこれだけしか取れない貴重な部位かよ。元は板チョコのくせに。

 

大量のチョコが廃棄になるわけで、「ガス代が無駄」「チョコがもったいない」とのバッシングから逃げるように自室にこもり、泥のように寝た。今日は疲れたのだ。髪の毛にチョコの匂いが染み付いていて気持ち悪い。

 

バレンタインだかホワイトデーは、またクッキーをつくるか、ちょっといい小包装のチョコを可愛くラッピングしよう。家庭科より美術科が得意な自分はこれでいいだろう。

 

泥のように寝ていると、部屋のドアがノックされ、母が綺麗にできたホール状のガトーショコラを見せてきた。あっ、フライパンで作ってやがる。学びだ。

 

「明日困るなら、これを持って行きなさい」と母は言った。

 

それは違うな、って思った。本来は「千鳥ちゃんすごい」って褒められるはずなんだよ。それじゃ周りの子が「千鳥ちゃんすごい」って言ってくれても、本当は「千鳥ちゃんのママすごい」の意味じゃないか。あんまりだ。

 

そんなわけで、母の心配をはねのけて私が食べた。ホワイトデーに頑張ればいい。へー、ガトーショコラってこんな味なのか。濃厚なチョコケーキっぽい。家庭科の先生の免許ってすげー。

 

そして、「無理をしない」「見栄を張らない」ことを学んだ冬だった。

 

追記

クッキーはいいぞ。粉の量が多少適当でも、焦がさなければそれっぽくなるぞ。

中学生女子の独特なセンス

数年前、学部生だった頃、京都で中学生と日常的に触れ合う生活をしていた。触れ合うといっても、卑猥なものではなく、勉強を教えたり、雑談をしたり、だ。

学部生のときは、教員採用試験の話のネタにするため、塾講師やら学校ボランティア(放課後に勉強を教える)をやっていた。

 

そんなこんなで、地域の中学生と雑談をすることが多かったのだが、「お〜〜中学生」と思わせられる若い価値観を見つけることがあったので書きたい。だいたいが中3女子(クラスのカースト上の方で元気そうな子)の話。

 

普遍的な話ではないだろうけど、創作のネタとかになるかも?

 

鼻に絆創膏

塾で勉強中に、鼻と頬に絆創膏を友達同士で貼っていた。「なにそれ?怪我したの?」と聞くと、もうダサいらしい。「これが可愛いんやで」とのこと。アンパンマンとかキティちゃんとかキャラものの絆創膏だと更に可愛さUPらしい。塾の子たちで絆創膏を交換してた。

 

しまむらがうれしい

中学生にとってテスト期間は辛い。勉強できる子もできない子も精神的に追い詰められている。そんな時は「テスト終わったら○○したい」話で盛り上がることが多いのだが、「テスト終わったらな、お母さんとしまむら行くねん。楽しみ〜〜」と中3女子が語ってくれた。

つい最近、近所にしまむらができたのだ。ファッションセンターしまむら、ファッションレベル高い人がユニクロと並べてバカにしてるイメージだったが、捨てたもんじゃない。中3女子の支持があるぞ。

中学生って自由にお金使えるわけじゃないし、しまむらなら安くて可愛い服が揃ってるもんね。それに、しまむら安心価格なら、お母さんの財布もガバガバになりそうだよね。ちょっと怖かったイケイケのJCガールが可愛く見えた。

 

じょうふわ

「最近マジでじょうふわやねん」

受験前の中学生が言っていた。なんの略語でしょう。答えは……。

 

「最近マジで情緒不安定やねん」です。

 

たぶんその子が勝手に作った略語なんだけど、良くないですか?情緒不安定っていう結構な悩みを偏差値30にしてくれる。みんなで、じょうふわ〜〜。

 

Twitterで嫌なユーザー

中学生もTwitterをやっているので、トラブルが起きることがあるらしい。

ムカつくユーザーを聞いてみると、「タレントについてつぶやくとFF外から絡んでくるジャニオタの女」だそうです。

 

もっとあった気がするので、思いついたら追加していきます。自分は、スクールカーストで下の方な中学生だったので、大人になってから自分とはカーストが違っているタイプの子の話を聞けるのはいいものですね。文化理解だ。

夜行バスで酔っ払いに叩かれて泣かされた話

夜行バスで知らん爺さんとトラブルがあった話(前に一度公開して、なんとなく下書き保存に戻してたのを、改めて出しました)

前書き

一昨年の2月くらいのこと。春から京都から関東に大学院進学することを決めていた私は、関東で物件を決めて、京都へ帰る夜行バスで車内トラブルに遭った。そのときの話。

 

何があったか

どこででも寝れる私は飛行機でも電車でも爆睡する。夜行バスとて例外ではなく、気持ちよく爆睡していた。

 

その日は、バス後方の広めの位置、女性専用ゾーン(前の方は男女混合)を確保していた。無精ゆえに予約手続きするのが遅くて少し値段が張るその位置しか空いていなかったのだが、「快適だからいいや」となんも考えず予約した。後ろの席は落ち着くし、申し分ない。むしろ満足。しかも、三列シートの右端が私の席で、真ん中の席は空席だ。広々。無駄遣いではなかったなあ、なんて、しみじみ。

 

それは突然訪れた。

 

どこでも寝れるのび太のような体質なので、夜行バスでも気持ちよく寝ていたはず、だった。

 

しかし、なんだか意識がはっきりしてきた。変だ。時計を確認すると午前3時。目的地なわけがない。パーキングエリアに到着したわけでもなく、バスはブロロンと走り続けている。

 

キョロキョロしていると、だんだん、暗闇に目が慣れてきた。すると、なんだか左手に不思議なものが浮かんでいる。

 

サルだ。サルがいる。

 

いや、そんなはずはない。バスの中だ。じゃあ、なんだこれは。

 

顔を隠していたコートを深く被り直し、隙間から覗く。

 

その間もサルにコートの左肩を叩かれてる。

 

あっ、平穏が崩れる。よく不審者や危うい人に絡まれるのだが、その度に頭の中でサイレンが響きわたる。そして、今がそれ。あー、かったるいぞ。

 

そんで、サルじゃなくて、人だろうけどさ、わけがわからない。執拗に肩を叩かれ揺さぶられている。あと、左肩に妙な温もりを感じて、それはもう不快。

 

静まり返った一見平穏な車内だが、私は緊急事態。人そもそも、安心安全な女性専用ゾーンだぞここは。いや、サルは許されるのか。

 

かれこれ、10分20分はサルに叩かれ続けた。痛くはないのだが、なんなんだ。とにかく、よくわからない。

 

わけがわからなくて、悲しくて、こっそりすすり泣いてしまった。泣いてもどうしようもないが、やりきれない。泣きたい夜だ。

 

つい数時間前までは入学する予定の大学院の集まりに顔を出して、なんだかキラキラしていた私だった。無事に進学先も家も決まって、順風満帆だった。しかし、今は闇の中で知らんサルに叩かれている。物件を決めて、春からキラキラした新生活が始まるはずなのに、やめてよ。

 

ズビズバ鼻水垂らしていると、突然、車内が明るくなった。緊急停止だ。カーテンを指でめくると、パーキングエリアに到着したようだ。でも、予定の時間とは違うみたい。誰も降りないし。

 

コートの下から恐る恐る覗くと、ガタイのいい係員のおじさんが近づいてくる。何を言ってるのか聞き取れないが、私の隣のサルに怒鳴りつけている。

 

なんだなんだと思っていると、近くの女性客がヒス気味に何かを訴えている。1人が声をあげると、他の乗客も「うるせえ」「ふざけんな」と次々と苦情を訴える。舌打ちを響かせる。聞こえるようにため息を漏らす。

 

関係ないけど、公共の場で1人が文句言うと他の不満を持っていた人もあとからあとから続く瞬間は、なんだか嫌だなあ。

 

覗き見盗み聞きしてようやく理解した。

 

サルじゃなくて酔っ払いの爺さんであることを。

酔っ払いは隣の空席と私の席の間の通路にすっぽり収まっていたことを(だから超近い)。

酔っ払い自身もよくわかっていないことを。

他の客から苦情が何件か出たらしいことを。

 

つまり、他の乗客から苦情が出るほど酔っ払い爺さんは車内を徘徊しまくってたらしい。そして、あちこちから文句を言われた爺さんは、爆睡してる私の横の空席に落ち着いたようだ。

 

小柄で薄汚れたウィンドブレーカーの爺さんだ。爺さんの本来の座席には、ワンカップが置いてある。察するところは多いが、「酔っ払い」とだけ書いておこう。

 

よく、夜中の地震があっても起きずに後から母親のメールで知らされることがあるが、寝つきが良すぎるのも考えものだ。

 

その後

へー、なるほど……。とボンヤリしていると、苦情をいれた乗客が「あそこのお姉さんだって泣いてますよ!」と私の方を示した。

 

乗客の視線が集まる。

 

やめてくれ。余計泣きたい。

 

係員「どうしましたか⁉︎なにかされましたか!」

私「いや、叩かれたけど、もうなんなんだかよくわかんなくて怖いです。」

 

しどろもどろに、なんなんだかよくわかんない旨を伝えた。それしか、伝えようがない。別に爺さんにレイプをされたわけではないし。冷静に考えると、バシバシ叩かれて起こされただけなのだ。

 

すると、

 

係員「どうします?ここでこの人(爺さん)降ろして警察呼びますか?」

 

そんな選択肢あるのね。

 

今、私には爺さんを知らないパーキングエリアに置き去りにする権利が与えられている。

 

みなさんならどうしますか?

 

なんて、道徳の教材にできそう。

 

正直ちょっと迷った。報復してやりたい気持ちもある。

でも、警察を呼ぶとなると私も事情を聴かれそうだし、爺さんと夜を明かさなきゃならないかもしれない。それは嫌だな。

 

それに、どうでもいいから早く帰って寝直したかった。京都に、帰りたいよ〜〜。

 

あと、他の客が露骨にイライラしている。私と係員が会話している間もため息や舌打ちが聞こえてくるのだ。いや、そこは黙っててよ。

 

まあ、夜行バスに乗る人にはビジネスマンもいるだろうし、バスが遅れたら一大事なんだろう。誰もがこんな酔っ払い爺さんに時間を取られている場合じゃないんだろうな。わかるけど、わかるけどさ、世知辛くない!?

 

腑に落ちないが、爺さんを警察に突き出しても誰も得しないのは確かだ。そこで時間を食うと他の客にも被害が出そうだし、酔っ払いのせいで損するのは私だけでいい。それに、「早くしろよ」って圧力を感じる。乗客全体の幸福度を考え、ズビズビと汁を流しながら「そのまま発進してください」と告げた。

 

すると。係員が「何かあったら、呼び出しボタン押してくださいね」と案内してくれた。路面バスの「ここで降りますよー」って知らせるボタンなのだが、そんな使い方あったのか。ていうか、乗車時に教えてくれ、その便利ツール。

 

数時間後、無事に京都に着くと、顔の赤い爺さんはご機嫌そうにヒョコヒョコ歩いてた。他の乗客は何事もなかったかのようにスタスタ歩いていた。

目の赤い私は駅に向かう群衆の最後尾をトボトボ歩いていた。

目の前の全員の背中が、蹴りたい背中に思えてならなかった。

 

コミケのオンライン申し込みの方法とか持ち物とか(ざっくりと)

この間の冬コミで、コミケに出展して3度目になります。仲間内で細々とやっているのですが、いろんな人に「コミケ出してるんでしょう?」って声かけてもらえてありがたいです。で、その時に

 

「申し込み大変じゃない?」って話になることが多いです。

f:id:chidorimemo:20180123022856p:image

 

たしかに、面倒臭そう、ですよね。間違いがあると、落とされるって聞くし……。

 

でも、やってみると案外難しくないんだよ〜ってのをザックリ書いていきたいなと思います。

 

この記事は、コミケ参加までの流れをザックリ知る時に役に立てればいいなあという意図のもとに書いていくので、実際に申し込んでて煮詰まってる人には役に立たないかも知れません。

 

詳細な手順は、資料が手元にある時にまた今度やりたいけど、検索したらたくさん出てきちゃいますよ。

 

大体の手順

  1. 申込書を買う
  2. 金を払う
  3. 必要事項を記入する(オンラインの方が簡単だから、こだわりがなければそっちの方がオススメ)
  4. サークルカットを登録する
  5. 結果を待つ
  6. ものを作ってコミケに行く

 

こんな感じでしょうか。じゃあ、これ以降ではもう少し詳しく書いていきます。

 

申込書

正式には「サークル参加申込書セット」 みたいな名前で売られてます。一部1000円くらいです。これがないと申し込みできません。オンラインで申し込みする場合にも必要となりますので、絶対買いましょう。

 

一般客としてコミケに行く人でしたら、申込書は会場で売ってるので、そこで買っちゃうのが便利です。

 

それ以外の購入方法は、通販でしょうか。今(2018.1.23)、値段を調べたら2000円を超えてました。配送料等の関係で、値段に変動があるみたいですね。

 

あとは、この間までは下北沢にあるコミケットサービスっていうお店で、直接購入できたのですが、2017年いっぱいで閉店しちゃったみたいですね。直近のC94の応募分のカタログは購入できるみたいですけど。

コミケットサービス

 

入金

コミケにはサークル参加費が8000円かかります。また、加えて、サークルドットエムエスのシステム利用料1100円も必要となります。(合同申し込みの場合はまた変わってきます。)

 

コミケ準備会のサイトによると支払い方法は、

が可能となっております。参加費もシステム利用料も一緒に払えるはずです。

 

入金の確認がされないと、手続きを進めることができないので余裕を持ってお金を払いこみましょう!

 

コンビニ決済とクレカの2種類で入金したことがあるのですが、クレカなら確認も早くて楽でしたよ。

 

必要事項を記入(オンライン)

入金ができたら、申し込みに必要となる事柄を登録していきます。オンライン申し込みしかしたことがないので、その場合についてザックリ書いていきます。

 

申し込みの際には、サークルドットエムエスというサイトから申し込んでいきます。TOP | Circle.ms

このサイトは、いろんな同人イベント等の申し込みの窓口になっているようで、コミケのオンライン申し込みは、よくわからないけどこのサイトを使わなきゃなりません。

 

サークルドットエムエスに登録したら、「イベント申し込み」のリンクからコミケの申し込みフォームを探して、住所とか出展予定のジャンルとかを記入していきます。はじめて登録した時も指示される通りに記入していったら間違いがなかったので、オンラインだと安心だと思います。

 

記入にミスがあると、サークルの審査に影響が出るので、余程のこだわりがない限り、オンラインがスマートかと思います。

 

二回目以降の参加には前回の登録情報を引き継ぐことができるので、オススメです。

 

サークルカット

コミケの登録には、郵送の場合もオンラインの場合もサークルカットを登録しなければなりません。サークルカットとは簡単に言うと、コミケ運営側にサークルの紹介として使われるイラストです。

 

郵送の場合は申し込み用紙に直接描くんでしたっけ?(違ってたらごめんなさい)

 

オンラインの場合は、パソコンで描いた絵を登録していくのですが、サークルドットエムエスにテンプレートがあるのでそれに合わせて描いちゃうとラクです。

サークルの名前、どんなサークルなのかわかる一言、イラストなどを盛り込んでいくといいと思います。

 

f:id:chidorimemo:20180123021258j:image

 

うちのサークルはこんな感じでした。これに、参加者のツイッターアカウントを書き加えました。凝っている人はもっと凝っていて、すごいです。

 

結果を待つ

だいたいコミケの2ヶ月くらい前に結果が出ます。そのあたりに「コミケ当落」でツイート検索するとサークル主達がざわざわしてます。

 

当落の結果が出る日までに、サークル登録情報にメールアドレスを登録しておくと、当落情報が速報で送られてきます。

 

当落の発表日の翌日-3日後くらい(千葉住みの私の場合)には、諸々の郵便物が送られてきます。

 

受かっている場合には、サークルチケットとか大事なものが入ってるんで、何がなんでもなくさないようにしましょう

 

落ちちゃった場合は参加費の返還をしてもらえるらしいので、手続きしましょう!

 

コミケに行く

受かってた場合は、おめでとうございます。本やグッズを作ってコミケに行きましょう。

 

あったほうがいい持ち物等は別の記事で書こうかなと思いますが、

 

  • 出展サークル専用通行証(サークルチケットと言われるやつ)
  • 頒布物(プラス 見本誌シール)
  • サークル参加証(押印が必要)

 

があれば最低限どうにかなります!

 

これらが揃っていれば、イベントに参加できないということはありません。

 

あとは、これに加えて、お釣りや自分のサークルがわかるポスターなんかも用意しておくと便利です!

 

まとめ

ザックリ書くとこんな感じだったと思います。詳細に書くと長くなるので……。

 

記憶に頼ってる部分もあるので、間違えてることがあったら小声で優しく教えてもらえると助かります……!

 

とにかく、オンライン登録なら、さほどトラップもないよ!!

 

思っているよりハードル高くはないはずなので、気軽に参加できちゃえるはずです。なんとなーくイメージをつかむのに役立てれば幸いです。